【マリオットポイントの価値】無料宿泊 マイル移行 譲渡 バイポイントなど

マリオット系ホテルの利用やクレジットカードの利用で大量に貯まるマリオットポイントの使い勝手がとても良いことをご存じでしょうか?

貯まったポイントは、マリオットホテルに宿泊できたり、40社以上の航空会社のマイルに交換できたり、第三者に譲渡できたり、はたまた足りないポイントを購入することもできます。

 

本記事では、マリオットポイントのお得な使い方や有効期限など、マリオットポイントの全貌をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

マリオットポイントを貯める方法

マリオットポイントを貯めるには、主に4つの方法があります。

 

  1. マリオット系ホテルに宿泊・レストランの利用
  2. SPGアメックスカードで決済
  3. マリオットポイントを購入(バイポイント)
  4. 他社ポイントから移行

 

 

 

1. マリオット系ホテルに宿泊・レストランの利用

世界中にあるマリオット系にホテルに宿泊したり、レストランを利用するともらえるポイントです。

 

1ドルに付き10マリオットポイントが付与されます。

レートによりますが、2021年現在110円に付き10マリオットポイントが付与の目安です。

 

 

ポイントが付与される条件
  • マリオットボンヴォイの会員である(会員登録は無料)
  • 「公式サイト」からの宿泊予約である(旅行・ホテルサイトからの予約は対象外)

 

マリオットボンヴォイを含め、他社ホテルブランドも会員登録は無料です。
会員登録をして公式サイトから予約をすると宿泊料金に応じてポイントが付与されます。

ホテル公式サイトから予約するメリットは、ポイントが貯まる、沢山宿泊した場合はホテルの上級ステータスを得ることができます。(ステータスに応じて、朝食無料やラウンジアクセスができます)

 

 

 

もう1つのメリットは、他社サイト(旅行・ホテルサイト)で公式サイトより安い料金を見つけた場合は「ベストレート保証」を申請することができます。ベストレート保証の申請が成功すると、他社よりも25%安い料金または5,000ポイントを得ることができます。

結果的に他社サイトで予約するよりも「公式サイトで予約するのが一番お得ですよ!」ということになります。

 

 

 

レストランのみ利用の場合

ホテルの公式サイトから宿泊を予約する際は会員番号が紐づいていますが、レストランのみの利用の場合は、予約時もしくはお会計の際に「マリオットの会員である旨」を伝えましょう。

マリオットアプリから会員番号の提示をすると分かりやすいです。会員番号にポイントを加算してもらえます。

 

 

 

ボーナスポイント

ステータスによって、さらにボーナスポイントを獲得することができます。

 

  • シルバー 10%
  • ゴールド 25%
  • プラチナ 50%
  • チタン・アンバサダー 75%

 

 

 

宿泊料11,000円の場合

ゴールド会員: 宿泊で1,100ポイント+ボーナス275ポイント ⇒1,375ポイント

プラチナ会員: 宿泊で1,100ポイント+ボーナス550ポイント ⇒1,650ポイント

 

 

 

キャンペーン

マリオットでは頻繁にキャンペーンを行っています。

例えば、滞在ごとに1,500ポイント付与5万円決済ごとに5,000ポイント付与などのキャンペーンを利用するとさらにポイントが貯まります。

 

 

 

 

2. SPGアメックスカードで決済する

「SPGアメックスカード」は、日常使いでポイントが沢山貯まるクレジットカードです。

 

 

  • 通常の買い物(公共料金以外): 100円につき3ポイント
  • マリオット系ホテルでの支払い: 100円につき6ポイント

 

マリオット系ホテルの宿泊、レストランの支払いをSPGアメックスカードで決済すると、100円につき6ポイントも貯まります。
還元率が高いです。

 

注)公共料金の支払いでは「200円につき3ポイント」もしくは付与なしとなりますので、公共料金は別のクレジットカードで決済した方が良いです。

 

 

 

SPGアメックスカードに入会すると自動的にゴールド会員になりますので、マリオット系ホテルの利用でさらに25%のボーナスポイントが上乗せされます。

 

SPGアメックスカードで宿泊料11,000円を決済した場合
ゴールド会員:宿泊で1,100ポイント+ボーナス275ポイント ⇒1,375ポイント

SPGアメックスカードで決済 ⇒660ポイント

合計2,135ポイント

 

 

 

SPGアメックスカードのデメリット?!としては、年会費が34,100円と高額なこと。

しかし、誰かの紹介でカードに入会した場合、初年度にはマリオットポイント39,000ポイントを取得でき、2年目以降は50,000ポイントまでのホテルに1泊無料宿泊特典が付与されます。利用ホテルによっては年会費分を十分ペイすることができます。

 

我が家はSPGアメックスカードを夫婦で愛用しており、デメリットを感じたことはありません。

 

 

 

 

50,000ポイントで宿泊できる日本国内カテゴリー7のホテルは以下の通りです。

 

カテゴリー7のホテル(オフピーク)
  • ウェスティンルスツリゾート
  • ザ・リッツカールトン 日光
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
  • ウェスティン 東京
  • メズム東京 オートグラフ コレクション
  • ザ・リッツカールトン 大阪
  • セントレジス 大阪
  • シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
  • ルネッサンスリゾートオキナワ

 

 

カテゴリー7のホテルはオフピークにしか使えませんが、日程調整が可能であればとてもお得に利用することができます。
カテゴリー6に下げるとスタンダードで使うことができますので、日程の選択肢が増えます。

 

 

我が家は、更新時の無料宿泊特典で2年連続メズム東京を利用しました。
メズム東京は1泊5万円以上しますので、年会費の元は十分取っています。

 

 

 

 

 

3. ポイントを購入する(バイポイント)

マリオットポイントは購入することができます。あと少しポイントが足りないときに購入できるのはとても便利です。
定価
1,000ポイント:USD12.50(1,375円) ※為替110円換算
定価で購入するのはお得ではないので、どうしても必要なときに必要な分だけ買い足しましょう。
マリオットでは、バイポイントキャンペーンも頻繁に行っています。
50-100%増量キャンペーンやセール時を狙ってポイントを買い足すのがおすすめです。
100%増量キャンペーンがどれだけお得かについては後述いたします。

 

 

 

 

4. 他社ポイントから移行

他社ポイントからマリオットボンヴォイへ移行することができます。

例えば、ポイントサイト「モッピー」で貯めたポイントをマリオットへ移行することができます。
1,000ポイント単位での移行が可能です。

 

モッピー1,000ポイント=マリオット1,000ポイント

 

モッピー1ポイントは1円の価値がありますので、1,000ポイントは1,000円の価値となります。

バイポイントの定価が1,000ポイント=1,375円ですので、モッピーからの移行はお得だと思います。

しかし、増量キャンペーンでバイポイントをした方がさらにお得です。

 

 

モッピーの会員登録はこちらからどうぞ!

稼いだポイントをマイルへ!陸マイラー御用達モッピー

 

▼ さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 

 

 

マリオットポイント有効期限

マリオットポイントの有効期限は「2年間(24ヶ月)」ですが、アカウントでポイント数の変動があれば、有効期限が延長されます。

例えば、SPGアメックスカードで毎月100円(3ポイント加算)の決済をすれば、実質有効期限なしということになります。

 

注)マリオットポイントは他人に譲渡することができますが、譲渡してポイント数が変動しても有効期限延長の対象外となりますので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

マリオットポイントの使い道

マリオットポイントの使い道は主に2つあります。

 

  • マリオット系ホテルに無料宿泊する
  • 航空会社のマイルに移行する

 

 

 

マリオットポイントの価値

 

1ポイント=1円 で使用できれば損はしないと個人的には思っています。

 

繁忙期や週末のホテル宿泊に利用した場合、マイルに交換してビジネスクラスの特典航空券を発券した場合は、
1ポイント=2-3円の価値に跳ね上がることもあります。

目安としては、1ポイント=1円以上!!

 

 

 

 

ポイント無料宿泊する

貯まったポイントでマリオット系ホテルに宿泊することができます。

ホテルのカテゴリーとシーズン(オフピーク、スタンダード、ピーク)でポイント数が変動します。

日本国内ホテルはカテゴリー4からですので、最低20,000ポイントから宿泊することができます。

 

 

 

ポイント利用の宿泊は、ホテル代金が高くなる繁忙期や週末に利用するとよりお得に使うことができます。

 

 

例えば、メズム東京はカテゴリー7で50,000-70,000ポイント必要となり、リッツカールトン東京はカテゴリー8で70,000-100,000ポイント必要となります。

有償宿泊の場合、メズム東京は5万円以上、リッツカールトン東京は7万以上しますので、1ポイント=1円換算をして、有償とポイント利用のどちらがお得かを判断します。

 

 

 

W大阪で検証

日本に初進出して話題となったWブランド。2021年年末のW大阪は、60,000ポイントで宿泊することができます。

 

 

 

 

 

有償の場合は97,373円~となります。
コロナ禍ですのでまだお安いですが(十分に高いですが)、通常の年末でしたら驚くほどの金額に跳ね上がっていると思います。

 

 

 

 

「W大阪」 2名1室、同じ客室カテゴリーで検証した場合
  • ポイント宿泊:60,000ポイント
  • 有償宿泊:97,373円

 

1ポイントの価値は1.6円以上となりますので、ポイント宿泊はとてもお得という結果になりました。

 

 

 

1泊15万円以上のイラフSUIに62,000ポイントで宿泊したことがあります。
1ポイントの価値は2.5円程度。とてもお得な使い方となりました。

ポイント宿泊の最大のメリットは、自腹では宿泊できない憧れのホテルにも泊まれてしまうということです♪

 

 

 

 

 

ポイント宿泊予約のルール

繁忙期や混み合う週末のポイント宿泊枠はすぐに埋まってしまいます。

とにかく早めに予約をすることがポイントです。
マリオットでは、1年ほど前から予約が解放されますので、GWなどの繁忙期はとりあえず予約を入れておくことをおすすめします。

キャンセル規定はほとんどが宿泊の数日前までとフレキシブルです(事前支払いを除く)
キャンセル期限までにキャンセルをすればポイントは即時アカウントに返却されますのでご安心ください。

予約時にポイントが十分貯まっている場合は心配いらないのですが・・・

 

 

 

ポイントアドバンス

マリオットでは、ポイントが足りないときでも「ポイントアドバンス」というシステムがあり、予約を入れることができます。

ただし、2021年5月に一部のルールが変更となりました。

 

 

ポイントアドバンスの新しいルール
  • 30日以上先の予約
  • 必要ポイントが確保できない場合はキャンセルまたはベストレートでの現金払いに変更される
  • ポイントアドバンスの予約は1アカウント3つまで
  • 予約から60日以内にポイントを確保する ⇦NEW

 

 

以前はポイントが足らなくても予約を入れておいて、宿泊の14日前までにポイントを貯めれば問題なかったのですが、新しいルールは 予約から60日以内にポイントを確保しなくてはいけません。

 

このルールは改悪といえば改悪ですが、反対に適当?!な予約を入れることができなくなるので、ポイント宿泊予約が取りやすくなるというメリットにもなりうると思います。

 

ポイントアドバンスで予約を入れておいて、ポイントが貯まったらどうなるか?

  • 自分でポイントを差し引く(予約画面からクリックするだけ)
  • 何もしない(宿泊14日前になると自動的にポイントが差し引かれる)

 

 

 

 

ポイントアドバンス予約中にポイント数がアップする場合もある

これは私が経験して非常に悔しい思いをしたので特記します。

85,000ポイントのホテルを2泊、ポイントアドバンスで予約していました。
170,000ポイントを貯めるべく、せっせとポイントをかき集め、予約から1ヶ月後にポイントが貯まったので差し引く処理をしようと思ったら・・・

なんと85,000⇒100,000ポイントにアップしていたのです!!!
2泊で170,000⇒200,000ポイントに!! 30,000ポイントもアップしていたのです(涙)

 

幸いこの時は余裕をもってポイントをかき集めたので、泣く泣く20万ポイントを差し引きました・・・
3万ポイントの差は大きいですよね~ カテゴリ5のホテルに1泊できますもの・・・

 

と、このような事例もありますので、ポイントアドバンスで予約した場合は早めにポイントを集めて差し引くことをおすすめします。

 

反対にポイント差し引き後、もしポイント数が下がった場合は、予約を維持したまま差し替えることができます。
差額のポイントは口座に即時返却されます。

こまめにポイント数をチェックしてみてください。

 

という私、ポイントがアップして泣いたのですが、その後執念でチェックしていたらポイント数が元に戻りました(下がった)
速攻差し替え、差額3万ポイントは口座に返却されました♪ ヤッター 結果オーライ!!

 

 

 

 

 

キャッシュ&ポイント

ポイントが足りない場合は「キャッシュ&ポイント」といって、現金と併用して使用することもできます。
(こちらはヒルトンでも行われているシステムです)

ワンランク上の客室にも「キャッシュ&ポイント」で宿泊することができます。

注)こちらはゴールド会員以上の特典となります。

 

 

以下はリッツカールトン東京の例です。

スタンダードの客室を予約する場合は85,000ポイントが必要ですが、現金40,000円をプラスすることで、クラブラウンジにアクセスできるクラブフロアに宿泊できます。

※追加料金は20,000円~ホテルの空室状況によって変動します。

 

こちらの客室をポイント宿泊する場合は、161,000ポイントも必要です。
(1ポイント=1円換算した場合、全くお得ではありません)

クラブフロアは有償で10万円以上しますので、「キャッシュ&ポイント」で出費を抑えることができます。

 

 

 

クラブフロアに宿泊すると、クラブラウンジで5回のフードプレゼンテーションを体験することができます。
非日常を味わえ、至れり尽くせりのおもてなし体験を是非おすすめします。

 

 

 

 

ヒルトンのように自分でポイント数を設定できると尚良いのですが・・・

 

航空会社のマイルへ移行する

マリオットポイントは約40社の航空会社のマイレージに移行することができます。

通常の交換率は、3ポイント=1マイル ですが、

60,000ポイントを移行した場合は、60,000ポイント=25,000マイル となり、3ポイント=1.25マイル
ととてもお得な交換率となります。

 

 

ANA国際線 東アジア特典航空券の一例
  • 20,000マイルでエコノミークラス
  • 40,000マイルでビジネスクラス

 

 

 

 

 

航空会社によってはマイル増量キャンペーンを行っていますので、併用するとさらにお得です。

アメリカン航空25%増量の場合

60,000ポイント=31,250AAマイル

3ポイント=1.56マイル

 

 

 

 

 

ユナイテッド航空30%増量の場合

60,000ポイント=35,750UAマイル

3ポイント=1.78マイル

 

 

 

 

<番外編>ポイントを購入して航空会社のマイルに移行するのはお得か?

マリオットポイントを購入して(バイポイント)、マイルに移行するのはお得か検証してみましょう。

 

1,000ポイント=USD12.50(1,375円)

1ポイント=1.375円
定価で購入した場合は、1ポイント≒1.3円 程度となります。

定価でポイントを購入した場合

単価1.3円で60,000ポイント購入

60,000ポイント=78,000円 ⇒ 25,000マイル(1マイル=3.12円)

 

①台湾エコノミー往復特典航空券:20,000マイル=62,400円
有償航空券は5万円程度、定価でポイント購入の場合はお得ではありません。②台湾ビジネス往復特典航空券:40,000マイル=124,400円
有償航空券は13万以上しますので、少しだけお得に使えます。※有償航空券は検証した際のANAの価格を参考にしています。
結論
定価でポイントを購入して航空会社のマイルに移行するのはお得ではない

100%増量キャンペーンで購入した場合

セールや増量キャンペーンでポイントを購入した場合は事情が変わってきます。
よく行われるのは50-60%増量キャンペーン、年に一度程度行われるのは100%増量キャンペーン!!
後述しますが、100%増量キャンペーンのときは全力で買い足してください(笑)
ポイント購入上限:年間100,000ポイントまで購入することができます
※時折上限が15-20万ポイントに引き上げられることがあります。
100%増量キャンペーン時に、10万ポイントを購入すると+10万ポイント増量され、「20万ポイント」となります。
単価1.3円の場合、10万ポイント=13万円 となり 実質20万ポイントを購入できます。
20万ポイント=13万円 ⇒ 1ポイント=0.65円 換算となります。
航空会社のマイルに移行してみましょう。
60,000ポイント=39,000円 ⇒ 25,000マイル(1マイル=1.56円)
100%増量なので、当然ですが・・・1マイルの価値は定価の半額となります。
当然特典航空券の発券も半額でできるので、有償航空券を買うよりもずっとお得となります。
①台湾エコノミー往復特典航空券:20,000マイル=31,200円
有償航空券は5万円程度、100%増量キャンペーンでのポイント購入の場合はお得です!②台湾ビジネス往復特典航空券:40,000マイル=62,200円
有償航空券は13万以上しますので、100%増量キャンペーンでのポイント購入の場合はとてもお得です!!エコノミーでもかなりお得感が出ますが、ビジネスクラスのお得感は強烈!
結論
100%増量でポイントを購入して航空会社のマイルに移行するのはとてもお得!!

 

50-60%増量でもそこそこお得です。特にビジネスクラスの特典航空券を発券する場合は、有償航空券を買うよりもかなりお得ですので、増量キャンペーンはお見逃しなく。

今回はマイルに移行して検証しましたが、ポイント宿泊でも同じことが言えます。
増量キャンペーンを利用した場合は、ポイント宿泊もお得に使えます。

 

 

 

 

ポイントを譲渡する

マリオットポイントは第三者に譲渡(移行)することができます。

中途半端なポイントを家族の口座に移行してまとめたり、あと少しポイントが足りないときに譲渡することができます。
1ヶ所にポイントを集約できるとても便利なシステムです(しかも即時移行)

 

 

 

 

 

終わりに

マリオットポイントの価値や使い方をご説明しました。
ポイントはマリオット系ホテルの宿泊に利用したり、マイルに移行することができます。
また、ポイントを購入したり、他人に譲渡することも可能です。
マリオットポイントは非常にフレキシブルに使うことができ、ポイントの価値は1ポイント=1円で使えればOKですが、2倍以上にあげることも可能です。
ポイント宿泊は、繁忙期や週末のホテル料金が高騰しているときはあり得ないほどお得に使えますし、自腹では宿泊できないラクジュアリーホテルに滞在することも叶います。
おさらいしますと、60,000ポイントあれば2つの選択肢があります。
  1. 25,000マイル~に移行して、20,000マイルで国際線エコノミークラスを発券することができる
  2. マリオット系ホテルに宿泊することができる。

 

ポイントが沢山あれば両方叶いますので、ゴージャスなタダ旅が実現します♪

 

 

 

我が家は、日常の生活ではSPGアメックスカードで決済、宿泊はマリオット系ホテル中心、ポイント増量セールではポイントを買い足す。この3つの方法でマリオットポイントを貯めています。

マリオットポイントは奥が深いので(笑)新たな情報を入手しましたらまた共有させていただきます。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事