旅行中はついつい野菜不足となりがちですよね。
野菜を沢山いただける料理が火鍋です。
火鍋=中国大陸(四川)発祥の地というイメージがありますが、台湾発の火鍋店もあります。
台中発祥の「鼎王麻辣鍋」がとても有名ですが、その鼎王グループの【無老鍋
】は薬膳たっぷりの火鍋屋さん。しかも高級店なので、店員さんの教育が行き届いていてとても居心地が良いのです。

私が【無老鍋】を知ったのは上海に駐在していたときです。
実は住んでいた家のすぐ近所に無老鍋がありまして、何度も行きました。
当時子ども達が小さかったので辛い物が食べられなかったのですが、無老鍋には豆乳スープもあるので、家族でよく食べに行きました。

そんな無老鍋が懐かしくなり、台湾での夕食に訪れました。

 

スポンサーリンク

台北市内の店舗

台北市内に無老鍋は4店舗あります。
4店舗全て観光に便利な立地でアクセスが良いです。

台北中山店(MRT中山駅徒歩4分)
台北市中山區中山北路二段36-1號
+886-2-2581-6238
月~日 11:30~翌02:00

 

台北新生店(MRT忠孝新生駅徒歩3分)
台北市新生南路一段124號
+886-2-3322-5529
月~日 AM11:30~翌01:30

 

台北西門町店(MRT西門町駅徒歩3分)
台北市中正區中華路一段55號2樓
+886-2-2388-8358
月~日 11:00~翌02:00

 

台北市民店(MRT忠孝復興駅徒歩8分)
台北市市民大道三段143號
+886-2-2731-7928
月~日 11:30~翌02:00

 

 

ネット予約ができる(予約方法)

無老鍋はとても人気があるので事前予約をおすすめします。
電話で予約するのはハードルが高いですが(英語が通じます)、日本語webサイトから簡単にネット予約ができます。

 

無老鍋公式サイトへアクセスし、ネット予約をクリック

 

 

利用人数利用日をプルダウンから選択

③選んだ条件で店舗の空き状況が表示されますので、ご希望の店舗予約時間をクリック
(時間帯は「昼・午後・夜」と選択できます)

 

 

④青枠に予約しようとしている人数、日時が表示されます。

赤枠の氏名電話番号メールアドレス、何かリクエストがあれば下部に入力します。
(メールアドレスを入れておくと、予約確認メールが送られてくるので便利です)

 

①~④のステップで予約が完了します。全て日本語でOK。

メールアドレスを入力しておけば、予約完了後すぐにメールが届きます。
また予約日の数日前には「予約確認メール」が送られてくるので安心です。

予約確認メールには、「予定通り行きます」「キャンセルします」から選ぶことができるので、もし都合が悪くなった場合は、簡単にキャンセルすることもできます。

 

我が家はホテルに近い中山店を予約したかったのですが、既に希望時間は満席でした。さすがの人気店です。

ホテルからMRTで3駅ほどの新生店に空きがあったのでそちらを予約しました。
他店の空き状況も一目で分かるのが良いですね。

 

 

スポンサーリンク

無老鍋 新生店

無老鍋はどの店舗も高級感があります。
スタッフは独特なユニフォームで気持ち良いサービスを提供してくれます。
そして、どのスタッフも英語堪能です。

新生店は駅から1本道で徒歩3分ほど、アクセスはとても良かったです。
大通りに面していて、大きな看板があるのですぐに見つけることができます。

18時半の予約で店舗へ行くと、既に数組待っていました。
お店を出るときは外まで人で溢れていました。

別日に娘が予約なしで友人と再訪すると、「1時間待ち」と言われたそうです。

予約必須です!

 

 

おすすめメニュー

写真入りの詳しい日本語メニューがあるので安心です!

無老鍋公式サイトにもメニューあり。

 

はじめに土瓶で出てくる「健康茶」がとても苦いです。
飲めば飲むほど健康になる気がします(笑)
でも、やはり子どもには苦すぎるので飲み物をオーダー。

昔は「梅ジュース」があり、とても美味しかった記憶があるのですが、今回はなかったので「グレープフルーツ茶」を注文。ピッチャーで出てきます。

 

子連れなので、「招牌鴛鴦鍋」(おしどり鍋)一択。
「養生冰淇淋豆腐鍋X無老長生香辣鍋」の豆乳スープとスパイシーな麻辣スープどちらも楽しめるハーフ&ハーフのお鍋。

 

子どもが甲殻類アレルギーなので、念のため店員さんに相談しました(英語)
とても丁寧に対応してくれて、香辣鍋に入っている「薄片鴨血(鴨の血豆腐)」(←日本人が苦手なヤツ)を抜きましょうか?と申し出てくれました。
甲殻類は関係ありませんが(汗)我が家もこの鴨の血が苦手なので抜いてもらうことにしました!

 

こちらはお鍋が煮詰まったら追加で入れる用のスープ

 

適当にお肉と野菜を注文します。
牛肉

 

魚団子

 

揚げ湯葉、凍り豆腐(個人的には火鍋にかかせない食材です)

 

野菜の盛り合わせ(かぼちゃとタロイモ団子入り)

 

タレコーナーでセルフで好みのつけタレを調合します

 

煮たってくると漢方の香りが充満してきます!
これぞ火鍋♪

 

香辣スープの方は結構な辛さで子どもはギブ!笑
私が一人で食べました。ウマ辛~
辛い物が大好きな私でも休憩しながら食べるほどの辛さです(笑)

時折店員さん来ては湯葉を追加でどんどん入れてくれます。
厚めの湯葉が美味しい!! ヘルシー! エンドレスで食べられます。

〆にサービスでアイスクリーム(カルピスのシャーベット風)が出てきます。
辛くしびれた口の中が落ち着きます!

 

 

 

終わりに

大、大好きな無老鍋の火鍋。
台湾では初めて食べましたがハズレなし!

気になるお値段ですが、3人で食べて7000円ほど。
(上記の写真以外にも注文しました)

台湾にはリーズナブルな火鍋屋さんが沢山あるので、台湾で食べる火鍋、食事としては
高めになります。それでも1人2500円程度。
美味しいお鍋と店員さんの気持ち良いサービスを受けられるのでコスパは良いと思います。

ネット予約が簡単にできますので、是非予約をしてみてください。

 

<おまけ>
新生駅へ戻る途中にはドリンクスタンドの「50嵐」がありますので、口休めに購入するのもおすすめです♪

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事