最新【ユナイテッド航空のマイルでANA国内線特典航空券を予約・キャンセルする】手数料無料

宮古島へ行ってきました。
エアは、ユナイテッド航空のマイルを利用したANA国内線特典航空券を予約しました。

ユナイテッド航空のマイルを利用したANA国内線特典航空券の予約ルールの最新情報を記載しています。

以前のルールからの変更点は、「特典航空券の予約開始時期」と「必要マイル数の改悪」です。

 

ユナイテッド航空(UA)のマイルを利用したANA国内線特典航空券の予約は年々改悪されていますが、それでもまだお得に使えますので、今のうちに沢山利用しましょう。

 

さらに出発日の30日以上前でしたら、特典航空券のキャンセル・変更手数料が無料になりました~
朗報ですね♪

 

 

 

 

スポンサーリンク

予約開始時期

以前はUAマイルを利用してANA国内線特典航空券を予約する場合は、本家のANAより早く予約を入れることができたのが一番のメリットでした。

ANAで予約: 搭乗日の2ヶ月前
UAで予約: 搭乗日の330日前

 

予約できる時期が大幅に違います。
UAでANA便の予約をする場合は「国際線」扱いとなるため、国際線同様「330日前」から予約することができました。

ANAでは2ヶ月前からしか予約ができないところ、UAでは330日も前から予約できるので、当然空席を見つけやすく、予約しやすい点が大きなメリットでした。

 

その後、ANAのチケット一斉販売ルールが変更となり、特典航空券を予約できる時期も一斉販売時期と合わせる形で変更されました。

変更点: 年2回、運航ダイヤ期間ごとに一斉発売を行う

夏ダイヤ(3月の最終日曜日~10月の最終日曜日の直前の土曜日)ご搭乗分: 1月下旬頃発売予定
冬ダイヤ(10月の最終日曜日~翌年3月の最終日曜日の直前の土曜日ご搭乗分): 8月下旬頃発売予定

     

    例えば、10月後半のエアを予約する場合の予約開始時期は、

    ANA: 1月下旬
    UA: 11月下旬

     

    以前のANAでしたら、8月下旬まで予約ができなかったので、7ヶ月も早い1月下旬に予約できるようになったのは大きな改善点です。しかし、それでもUAの方がさらに2ヶ月も早く予約できるので、まだまだUAのメリットは大きいと言えます。

     

     

     

    同じ区間なのにANAよりUAの方がマイル数が少ない

    羽田→札幌便、ANAで予約すると往復15,000マイル必要なところ、UAでは11,000マイルで予約することができます。4,000マイルもセーブできました。

    UAマイルを利用してANAの国内線を予約すると、少ないマイルで予約することができます。なぜでしょう?

     

    羽田→札幌の場合
    ANA: 15,000マイル
    UA: 11,000マイル

     

    ANAでは、飛行距離が4段階に設定され、さらにシーズン制を取り入れているので、必要マイル数が変動します。
    UAは、距離が800マイル以内801マイル以上2段階のみ
    シーズン制を取り入れていないため、距離のみの計算となります。

     

    よって、2社では同じ行き先でも必要マイル数が違うのです。

     

    羽田→札幌
    ANA: 601-1600マイル区間+レギュラーシーズンで「7,500マイル」
    UA: 800マイル以内なので「5,500マイル」
    往復15,000マイルと11,000マイルの差
    上記は私が予約した時期のマイル数です。4,000マイルの差は大きいですよね。

    4,000マイルの差はとても大きいのですが、実は以前は5,000マイルの差がありました。
    2020年7月にUAの改悪があり、800マイル以内は「5,000→5,500マイル」に改悪になりました。

    ※ANAウイングなどANA以外のフライトは、現在も800マイル以内は5,000マイルで予約することができます。

     

     

    次は羽田→宮古の場合、ANAとUAのマイル数は往復で5,000マイルの差があります。

     

    羽田→宮古
    ANA: 1001-2000マイル区間+レギュラーシーズンで「11,500マイル」

    UA: 801マイル以上で「9,000マイル」

    23,000マイルと18,000マイルの差

     

     

    ハイシーズン、ローシーズンでANAのマイル数はさらに変動します。
    ローシーズンの場合、ANAの方が少ないマイルで予約できることもあります。

     

     

    予約のポイント
    行き先や時期でマイル数を比較し、少ないマイル数で予約できるエアラインを見極めること

     

     

    まだまだUAマイル利用のANA国内線はお得に使えるという結果となりました。

     

     

     

    スポンサーリンク

    UAサイトでANA国内線特典航空券を予約するポイント

    UAマイルを利用してANA国内線特典航空券を予約する際の役立つポイントをまとめました。

     

    ANAマイレージ番号と紐づける

    UAサイトの予約画面の「フリークエントフライヤープログラム」でANAを選びANAの会員番号を入力します。

    もし予約時に忘れてしまった場合は(私です)、ANAに電話をすれば紐づけしてくれます。
    いちいち電話をするのは面倒なので、忘れずに入力してください。

    紐づけをするメリットは、ANAサイトの予約情報にUAで予約したフライト情報が表示されます。
    ANAサイトで予約が管理ができるのはとても便利です。
    この場合、ANAサイトでは「国際線予約」扱いとなりますので、ご注意ください。

     

    メリット
    ANAサイトからE-Ticketを発券したり、座席指定をすることができる

     

    ※UAサイトから予約する際にも座席指定をすることができますが、座席指定ができていないことが多々あります・・・紐づけ後、ANAサイトから座席指定をすることをおすすめします。

    ※ANAに電話をする場合の窓口は【国際線】となりますので、お間違いなく。

     

     

     

    座席指定をする

    上記の通り紐づけするとANAサイトから座席指定ができます。
    UAからの予約でも、ANAのステイタスは反映されますので、SFC会員枠の前方席を指定することが可能です

     

     

     

    オンラインチェックイン

    UAマイルで予約したANA特典航空券のオンラインチェックインは、上記の通りANAに紐づけしていればANAサイトからチェックインすることが可能です。

    国内線の場合は、搭乗の24時間前からオンラインチェックインができます。

     

     

     

    子どもの搭乗券を発券する

    我が家の場合、私と子ども2人で搭乗する機会が多いです。
    ここで困るのが子どもの搭乗券です。

    私はANAのSFCカードを持っているので、空港へ行きそのまま保安検査場でカードをピッとして「ご搭乗案内(搭乗券)」の紙を受け取り、そのまま搭乗ゲートから搭乗できます。

    しかし、子どもの分は事前にQRコードが記載されたE-Ticketを自宅で印刷するか、当日空港で発券しなくてはいけません。

    特に繁忙期は当日の空港カウンターが混雑しているので(SFC専用カウンターでさえ並びます)、できるだけカウンターには立ち寄りたくありません。
    となると、自宅でオンラインチェックイン→QRコードを印刷するフローとなります。
    行きはこれで良いのですが、問題は帰りの便です。

    オンラインチェックインは「搭乗の24時間前」なので、帰りの便にチェックインできるのは旅行先でとなります。私のスマホやアプリからチェックインができても、QRコードの印刷ができないので、帰りは必ず空港のカウンターに立ち寄ることになります。

    これが非常に煩わしいと感じていました。

     

    しかし、最近は子どもが大きくなり、1人1台スマホを持つようになったので、子どものスマホにもANAアプリをインストールし、アプリからチェックイン→搭乗することができるようになりました。

    ※アプリでチェックインをすると搭乗券代わりのQRコードが表示されます。

     

     

     

    <朗報>キャンセル・変更手数料無料

    今まではUAマイルでANA国内線特典航空券を予約するデメリットは、なんといってもフライトをキャンセル・変更する場合の手数料です。

    ANAで予約する際には、3,000マイルでキャンセルすることができますが、UAではUSD75-125の手数料がかかりました。

    5,000マイルで予約した特典航空券のキャンセルをするには、1万円程度の手数料がかかっていたのです。正直気軽に予約することができませんでした(キャンセルしないでNo-Showの方がマシ・・・

     

     

    しかし、いつの間にかキャンセル・変更手数料が無料になっていました♪

    出発日から30日以上前にキャンセルした場合のマイルの返還手数料、日程変更は無料

     

     

    条件は、出発日から30日以上前のキャンセルですので、直前のキャンセルは対象外です!!

    こちらはコロナウイルス特別対応から案内されていますが、いつまでの対応なのか不明です。
    下記チャートが改定されているので、UAの大元のルールが改定されたのか?(だとした改悪どころか朗報です)
    2021年7月現在ホームページ上で案内されています。

     

     

    ✅ANAはスターアライアンス加盟航空会社

    ✅出発日まで30日以上ある航空券

     

     

     

    手数料無料でフライトをキャンセル・変更する

    手数料無料だなんて信じられず(笑)検証してみました。

    こちらの方法で手続きをすれば、マイルが手数料無料で返還されます。
    (国際線の場合は、予約時に支払いした税金も返金されます)

     

    簡単な操作方法は下記の通りです。

    UAサイトにログイン→「ご予約の確認」→キャンセル・変更したい旅程を選んで「フライトのキャンセルor変更」で完了です。

     

     

    以下、詳しく説明します。

     

    こちら⇓からUAサイトへ入る

     

    ①「フライトを変更またはキャンセルする」をクリック

     

    ログインしていると予約している旅程が表示されます。
    表示されない場合はログインしてください。

    ほぼ黒塗りで申し訳ありませんが、私が予約している旅程は5件あります。

    ②キャンセル・変更したい「旅行の管理」をクリック

     

     

    ③「フライトの変更」or「フライトのキャンセル」ご希望の手続きを選択する

     

     

     

    返還マイル数「5,500マイル」と返還先のアカウントが表示されます。
    ④「旅行のキャンセル」をクリック

     

     

    めちゃくちゃ簡単ですね!

    こちらはANA国内線予約のため、払い戻しはゼロでした。
    国際線予約の場合は、予約時に支払いした税金が払い戻しされます。

     

    キャンセル・変更手数料無料については突如ルールが変更になるかもしれませんが、こちらの画面通り手続きができれば手数料なしでフライトの変更・キャンセル手続きができると思います。

    手数料が表示されるようなことがあれば、UAへお問い合わせをお願いします。

     

     

     

     

    まとめ

    以前はUAマイレージプラスゴールドカード(クレジットカード)をメインカードとして利用して、UAマイルを沢山貯めていました。しかし、クレジットカードの年会費が2万円に値上げしたのをきっかけにカードを解約しました。現在は貯まっているUAマイルを消費するのみです。

    UAの特典航空券予約は、年々改悪方向に向かっていますが、ANA国内線予約についてはまだまだお得に使えます。
    改悪と記載しましたが、まさかのキャンセル・変更手数料無料になっていたので朗報ですね。

    今後UAマイルが必要になったらどうしましょう?笑
    クレジットカード利用以外でUAマイルを貯めるには、マリオットのポイントを移行する方法が手っ取り早いでしょうか。

     

     

    ※再三となりますが、こちらは2021年7月時点での情報です。
    キャンセル・変更手数料無料については突如ルールが変更になるかもしれません。
    ご自身の責任においてお手続きをお願いいたします。

     

     

    スポンサーリンク
    おすすめの記事