【東京オリンピック ボランティア】⑥またまた会場別研修に行ってきた

オリンピック開会式がいよいよ明日に迫りました!!

ボランティアをする娘はまたまた会場別研修に行ってきました。
直前も直前の研修の様子をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

オリンピックボランティアをやるまでの経緯

①母娘でオリンピックボランティアに応募し私(母)が落選し、娘がオリエンテーションを受けたお話。

 

②オリンピックボランティアのシフトが届いたお話。

 

③オリンピックボランティアのユニフォームを受け取ったお話。

 

④研修とワクチン接種案内とワクチン接種を受けたお話。

 

⑤会場別研修に行ってきたお話。

 

⑥直前!またまた会場別研修に行ってきた! ⇦今ココ

 

 

ここまで長かったですねー 2年いや3年越しでしょうか・・・

 

 

直前!会場別研修の様子

開会式2日前、娘のアサインされた競技開始3日前に召集されました。
場所はもちろん本番の競技会場です。

驚くのは、この日の拘束時間がなんと9時-18時!!
こんなに長い時間、研修する必要あるの???

 

一番の懸念点・・・本番同様、ユニフォーム姿で現地に向かいます。

娘は7時半の通勤ラッシュ真っ只中の東京メトロに乗り込みました(笑)

このご時世、オリンピック開催を良く思わない人が大多数です(私もそうでした)
ボランティアのユニフォーム姿を見たら、文句を言われるのではないか?、袋叩きに合うのではないか???と不安な気持ちを抱えながら電車に乗りましたが、今の時代電車の中はスマホに夢中な人ばかり(私も)ほとんどの人は娘のユニフォーム姿に気が付かない様子だったようです。ホッ!

電車を降りるとき、座席に座るとき、一瞬スマホから目を離したときに、娘のユニフォーム姿に気づく人はいて、娘をガン見するそうです(そりゃそーだ)

何はともあれ、何事もなく無事会場に到着しました。

 

 

研修内容

会場では、あのデカい身分証明書を提示してチェックイン。
さすがに開催直前、大勢の自衛隊や警察官がセキュリティーチェックのために待機しており、緊張感がありました。

 

会場に入場後は4点セットを受け取ります。

  • 体を拭くウェットタオル的なもの
  • 塩分チャージ的なもの
  • アクエリアスのパウチ
  • ペットボトルの水

⇒酷暑の東京の必需品ですねー

 

娘と同じ役割にアサインされているメンバーでグループが作られ、そのグループごとに競技場を隅から隅まで改めて案内されます。隅から隅まで歩いて移動すると軽く10分以上はかかるので、かなり広いエリアです。

その後、当日の流れや役割の詳細(ケースバイケースでの動線など)説明がありました。

 

グループは少人数でメンバー間で自己紹介をしたそうです。
娘いわく「ほとんどがおじさんだよ」とのこと。

おじさん???

父親世代の社会人もいて、仕事を休んでボランティアに参加しているとのことでした。

 

  • 横田基地に勤めている
  • ラグビーワールドカップでもボランティアをした
  • 通訳のボランティアをしたことがある

といったような経歴の方々だそう。

 

娘からはおじさんでも、話の印象から30代ぐらいの若い方もいるのではないかと思いますが・・・
娘いわく、娘ともう1人が大学生の女子、残りはおじさんだそうです(⇦2回目)

自己紹介を聞く限り、やはり語学ができる方が集められた印象です。

 

ボランティアそれぞれシフトが異なりますので、本番当日は違うメンバーでグループが組まれます。
またおじさんばかりなのか???気になるところです。

 

 

休憩

お昼休憩は、休憩所で取ります。

お弁当は4種類から選択することができます。
娘もですが・・・アレルギーを持っている人に配慮されており、選択肢があるのは有り難いです。

この日のメニューは、アジフライと豆腐ハンバーグ、他2種類のお弁当でした。

 

 

そして、気になるアイスクリーム食べ放題♪

爽バニラ、ラムネ、他2種類ほど。

 

休憩室で自由に食べることができます。
休憩時間内にいただくので、1つ食べるのがやっととのことです(いくつ食べる気?!)

 

 

練習観覧

試合直前ですから、当然選手が本番のコートで練習をしているわけです。

娘は休憩時間前にスタッフの方から「お弁当を食べたら〇〇選手の練習を見に行きましょう!」とアナウンスされ、急いでお弁当を食べたそうです(笑)

そして、憧れの〇〇選手の練習風景を20分ほど、外国人選手の練習風景含め1時間ほど観覧することができました。これは嬉しいですね。
中学時代に部活で経験した競技、大会がある度にTVで試合を観戦していた憧れの選手の練習風景を見られるのですから。

 

そんなこんなで18時までびっしりと研修を受けて帰宅しました。

 

 

 

急な欠席はできる?

このご時世、いつ体調が悪くなるか分かりません。

まして、オリンピック開催中には、コロナワクチン2回目の接種があります。
接種翌日にはボランティアのシフトが入っています。
2回目は副反応が起きやすいと聞きますし、体調が悪くなったらどうしよう?という不安がありました。

ワクチン接種の副反応を含め、熱中症等で体調が優れないときは「遠慮なく休んでください」とのことでした。

 

真面目な日本人、急な欠席は人に迷惑をかける!と思っていましたが、少し安心しました。

 

急なお休みを考慮して、ボランティアグループの人数調整をします。他の役割のグループのお休みが極端に多かった場合などは、他の役割をヘルプするため当日振り分けられることもあるとのことでした。

 

 

 

スポンサーリンク

終わりに

ついにオリンピック開催に向け、試合が始まりました!!そして、開会式はいよいよ明日です。

昨日はブルーインパルスの予行を職場の屋上から見ることができました。

そして、私の職場近くのビジネスホテル前には、ユニフォームを着た人が10人ほどおり、オリンピック仕様の
車が5台ほど停まっていました(オリンピック関係者が宿泊しているのでしょう)

 

ここにきて急にTVでもオリンピックの話題が増え、徐々に盛り上がってきた感じでしょうか。

コロナウイルスの感染者も急増して不安はありますが、ここまできたら自宅でオリンピックを楽しもう!という気持ちになってきました。

娘のボランティアは来週から始まります。また様子をご報告したいと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事