【コンラッド東京】コロナ禍のブログ宿泊記、エグゼクティブラウンジレビュー

コロナ禍の2021年4月に憧れの【コンラッド東京】に宿泊しました。

2020年にヒルトンなんちゃってダイアモンドになってから初めての宿泊です。

ヒルトンゴールドカードを保持していたときに貯まったポイントとダイアモンド修行で貯まったポイントを使用してポイント無料宿泊をしました。

 

本記事では、コロナ禍のコンラッド東京のエグゼクティブフロアのお部屋とラウンジの様子をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

コンラッド東京概要

コンラッドはヒルトン系ホテルの最上級のブランドです。

場所は汐留エリア、一昔前の汐留のイメージといえば日本テレビですが・・・企業の移転先として人気があり、現在はすっかりオフィス街に様変わりしています。

 

 

アクセス

  • 「新交通ゆりかもめ」「都営大江戸線」の汐留駅 9番出口から徒歩1分
  • JR山手線 新橋駅 汐留口地下通路出口徒歩約7分

 

新橋駅から徒歩の場合、高層ビル群を歩きます。

巨大な歩道橋が現れますので、上ります。

歩道橋の上からコンラッド東京が見えました!

汐留駅からはほぼ直結しています。
駅を出ると歩道橋の上ですので、エスカレーターを降りるとコンラッド東京の入り口です。

 

コンラッド東京は、東京汐留ビルディングの1階にエントランスがあります。
エントランスに入るとスタッフがおりますが、車寄せ専用スタッフなのか?特に誘導されることはありません。

エレベーターでフロントがある28階へ移動します。

 

 

 

ポイント無料宿泊

ホテルの宿泊で貯まったポイントやクレジットカード利用で貯まったポイントをヒルトン系ホテルの無料宿泊に使用することができます。

ヒルトンのポイント宿泊はマリオットと違って定額ポイント制ではありません・・・
時期よってポイント数が大きく変動します。
有償と比べると大量のポイントが必要となりますので、はっきり言ってお得感は感じません。

 

しかし「ポイント+キャッシュ(現金)」で宿泊することができるので、ポイントを無駄なく使うことができます。

例えば、50,000ポイントしか持っていない場合、予約画面で「ポイント+キャッシュ」を選ぶと不足したポイント分に該当する差額を表示してくれます。

例えば70,000ポイントの客室の場合、50,000ポイント+15,000円(差額) という感じに表示されます。

 

ポイントの有効期限が切れそう、中途半端なポイントの使い道に困ったときに、ポイントを無駄にせず活用できるのはメリットです。

 

今回のコンラッド東京の無料宿泊に必要なポイント数は「70,000ポイント」でした。
このときの最安値の室料が30,000円ほどでしたので、ポイント宿泊がお得とは言えません。

しかし、しばらく海外旅行には行かれないので、貯まったポイントで憧れのコンラッド東京に無料で宿泊できるのは、私にとって納得できるポイントの使い方ということになります。

 

 

 

スポンサーリンク

ダイアモンド会員の特典

ダイアモンド会員は、ヒルトンオーナーズで一番上のステータスとなります。

 

様々な特典がありますが、「朝食無料」と「エグゼクティブラウンジへのアクセス」が一番嬉しい特典ですよね。
私はこの特典のためにダイアモンドステータスを目指しました。

ヒルトンゴールドカード(クレジットカード)を長年保持していた理由は「朝食無料」特典があったからです。
ヒルトンの朝食は充実していて、旅行の楽しみの一つとなるので、朝食無料は嬉しい特典です。

 

 

 

ヒルトンアプリから客室が選べる

ヒルトンアプリをご存じでしょうか?

客室の予約はもちろん、チェックインからチェックアウトまでアプリから行うことができます。
特記すべきは、チェックインの際にアプリから好みの客室が選べるところです。

 

宿泊数日前になるとアプリからチェックインすることができます。

アプリを開くと、ホテル側が選んだ客室が表示されます。
一番下のカテゴリーの客室を予約しましたが、エグゼクティブシティルームにアップグレードされた客室が表示されました。

 

①この部屋で良ければ、このままチェックインに進む →「CONTINUE」へ

②他にどのような客室があるか見たい場合は「PICK ANOTHER」をタップ

 

 

他にどのような客室があるか見てみましょう。
36階の8室と最上階37階の6室が表示されました。

 

回数をタップすると、
部屋の位置(エレベーター近く、シティ側、ベイビュー側)、ベッド数から好みの客室を選ぶことができます。

 

 

 

面白いのは、アプリにログインする度に客室の選択肢が広がることです。

例えば、2日前では、予約した一番下のカテゴリーの客室しか表示されず
前日には、アップグレードされたエグゼクティブフロアの客室が表示される
当日には、エグゼクティブフロアの2種類の展望の部屋が表示される

 

しかしながら、必ずアップグレードされるわけではありません。
当然空室が多ければ、客室の選択肢は広がります。反対に繁忙期のアップグレードは厳しいですし、同等のステータスを持っている方にも同様の表示がされるので、例えばエグゼクティブフロアの客室が1室しかなかった場合、他の人が先に選択してしまえば、エグゼクティブフロアのお部屋は選択できなくなります。

ゲーム感覚ですね。
私は一番下のカテゴリーの予約で、エグゼクティブフロアのお部屋にアップグレードされたのでこれ以上は望みません(笑)
(ポイント無料宿泊ですしね・・・)

 

以前宿泊した「ヒルトン福岡シーホーク」でもアップグレードされた客室が表示されました。
(このときはゴールド会員でした)

 

 

 

ちなみにマリオットアプリの場合は、チェックイン時に既にアップグレードされた客室が表示されることもありますし、予約通りの客室の表示もあります。アプリでチェックインして、当日フロントでアップグレードされることの方が私は多いです。

そして、マリオットアプリの一番のお気に入りは「チャット機能」、チェックインするとホテルへチャットすることができます。

例えば、「チェックインが遅くなる」「清掃不要」「タオルを追加して」というような電話をかけるまではないちょっとしたことを伝えられるのは非常に便利です。

ヒルトンアプリにもチャット機能を導入してほしいです。

 

 

 

コンラッド東京の客室の種類

コンラッド東京の客室の種類は下記の通りです。

 

  • ベイビュールーム 48㎡ ←予約した客室
  • シティルーム 48㎡
  • エグゼクティブベイビュールーム 48㎡(ラウンジアクセス可)
  • エグゼクティブシティルーム 48㎡(ラウンジアクセス可) ←アップグレードされた客室
  • ベイビュースイート 72㎡
  • シティスイート 72㎡
  • コーナーベイビュースイート 85㎡
  • コーナーシティスイート 72㎡
  • エグゼクティブコーナーベイビュースイート 72㎡(ラウンジアクセス可)
  • エグゼクティブコーナーシティスイート 72㎡(ラウンジアクセス可
  • デラックスベイビュースイート 110~130㎡
  • 2ベッドルームデラックススイート 160㎡
  • ロイヤルスイート 226㎡

 

ご覧の通り、コンラッド東京は一番下のカテゴリーのお部屋でも48㎡と広く設定されており、都内のホテルとしてはかなり贅沢な造りです。

 

 

 

チェックイン

エレベーターで28階へ上がるとフロントがあります。

エグゼクティブフロア宿泊者とダイアモンド会員は、クラブラウンジがある37階でお茶をいただきながら、チェックインすることもできます。

 

私はフロントでチェックインしました。
エグゼクティブフロアにアップグレード、コロナ禍でラウンジの縮小運用などの説明がありました。

そして、スタッフがわざわざ客室に行くエレベーターまで誘導してくださいました。

 

37階でエレベーターを降りるとすぐにエグゼクティブラウンジがあります。

 

 

 

エグゼクティブ シティルーム(ツイン)のお部屋

コンラッド東京では「ベイビュー」のお部屋が人気のようですが、メズム東京から見る景色とほぼ変わりません。
私はこの後メズム東京に宿泊する予定がありましたので、あえてシティルームを選択しました。

 

 

客室の第一印象は「天井が高ーい」
都内のホテルでこんなに天井が高い客室はなかなかないですね。

 

カーテンはレースと遮光、電動で開閉するタイプ

 

シティビューはこちらです

 

 

ちなみにラウンジや朝食レストラン「セリーズ」ではベイビューも楽しむことができます。
客室はシティビュー、ラウンジではベイビューと両方楽しむこともできます。

 

 

ベッドも広々

 

壁には小鳥が!

 

革張りのデスクチェアはリクライニングつきで、とても座り心地が良いです

 

私がとても気に入ったのは窓際のカウチソファ

 

2人分のスペースがあり、足を楽々伸ばして景色を見ながらリラックスできます。

 

コンラッドダッグとベア
べアは東京オリンピック仕様♪

 

海外のコンラッドでいただいたイエローダッグは今でも家のどこかにあるはず・・・

 

客室はとても落ち着いた印象で、和の雰囲気を醸し出しています。
完全にインバウンド需要を意識していますね。

 

評判のウェットエリアは、バスタブの反対側にシャワーブースとトイレ

 

自宅にも欲しい女優ミラー♪

 

タブルシンクですが、小さめサイズなので使い勝手はいまひとつ

 

アメニティーはボックスに収納されています

 

フロスがあるのが嬉しい          こちらは除菌グッズ

 

アメニティは「SHANGHAI TANG」(上海駐在時代を思い出す)

 

バスローブのディスプレイが美しい

 

バスタブから客室を見るとこんな感じです。ブラインドは電動で閉じることができます。

 

自宅では叶わない(笑)非日常を感じられる素敵なバスタブ

 

広いクローゼット内には、セキュリティボックスとパジャマが収納されています

 

以前はホテルのパジャマを着ることに抵抗があったのです(なんとなく不衛生な気がして)
しかし、リッツ東京のパジャマの着心地が良くて、それからパジャマを持参しなくなりました。

 

何より荷物が減るのが良いですよね(そこ?)
最近は安価なホテルにパジャマが置いてあるか気になります(笑)
(ちなみに最近宿泊した「シェラトン都東京」も「モクシー東京錦糸町」もパジャマは置いてありました)

 

 

リッツ東京やイラフSUI同様、コンラッド東京のパジャマは上下別々タイプ。最高♪

 

メズムやアロフトなど最近のホテルに備えられているYouTubeやNetFlix対応TVではありません。
あの便利さを知ってしまうと普通のTVでは物足りなく感じます・・・

 

ミニバーコーナー

 

お馴染みネスプレッソマシンとインバウンドを意識した茶器類

 

 

ベッドサイドにはウエルカムスイーツのコンラッドブランドのチョコレート♪

 

コロナ禍ではターンダウンを省略しているホテルもありますが、コンラッド東京ではターンダウンが行われています。
ラウンジのカクテルタイムから戻ると・・・

 

 

バスルームのブラインドが閉められ、パジャマが用意されていました♪

 

 

高い天井、開放的な眺め、寝心地の良いベッド、とても素敵な客室です。

 

 

 

エグゼクティブラウンジ

エグゼクティブラウンジを利用できるのは、ヒルトンダイアモンド会員とエグゼクティブフロア宿泊者です。

エグゼクティブラウンジは 37階のエレベーターを降りてすぐの場所にあります。
廊下を挟んでシティ側とベイビュー側の両側にあり、キッチンはシティ側にあります。
ベイビュー側に座った場合、廊下を渡ってシティ側にフード類を取りに行く形となります。

 

 

アフタヌーンティー 15:00-17:00

チェックインをしながらアフタヌーンティーをいただけます。

コロナ禍で縮小運用していると聞きましたが、確かに物足りない感はあります。

せっかくの機会なので、コンラッド東京のロビーラウンジ「トゥエンティエイト」の人気のアフタヌーンティ(有償)をいただけばよかったかなと少し後悔しました。

 

雨上がりのベイビュー側の景色(高いビルの2つ左のビルがメズム東京)
メズム東京では、浜離宮ビューとベイビューを一望できませんが、コンラッド東京では一望できます。

 

 

 

イブニングサービス 18:00-20:00

アフタヌーンティーではシティビューを楽しんだので、イブニングサービスではベイビュー側のテーブルを利用。
スタッフが「〇〇様、おかえりなさいませ」と名前で呼んでくださり、びっくりしました!

 

フード類はそこそこの種類がありましたが、夕食の代用になるほどではないですかね・・・
私と娘は軽くつまんでから外食するつもりでしたが、なんだかんだお腹一杯になったので夕食はスキップしました(笑)

 

ミモザ風ノンアルコールカクテルを作っていただきました。
COEDOビールもいただけます。

チーズチキンが美味♪

 

夜景はベイビュー側が最高です♪

 

 

 

「セリーズの朝食」 7:00-10:30

コロナ禍でビュッフェスタイルの朝食を中止しているホテルが多い中、コンラッド東京の「セリーズ」では、ビニール手袋の着用等の感染対策をした上で本格的なビュッフェスタイルの朝食が行われています。

ダイアモンド会員は、エグゼクティブラウンジかレストランでの朝食が無料となりますが、この日はラウンジでの朝食の提供が行われておらず、レストランへ案内されました。

 

 

土曜日の朝食はさすがに混み合っていました。
ベイビュー側を希望する場合は、待たなくてはいけなかったので入り口側のテーブルを利用しました。
入り口側のテーブルは空いているので、落ち着いて食事を取ることができます。

日本在住?!の外国人が多くてびっくりしました。
週末は優雅にホテルステイでリフレッシュでしょうか?

 

コーヒーor紅茶、卵料理はオーダー制です。
コンラッド名物ロブスターのビクスソースオムレツをいただきました。

 

これぞビュッフェーーー!! 久しぶりに本格的なビュッフェスタイルの朝食をいただきました。

 

朝食にタコスがあるのが斬新(やはり外国人が多いからでしょうか)

 

 

 

スタッフが「食後にカプチーノなどいかがですか?」とこまめに声をかけてくださり、お腹一杯でお断りすると「では、お部屋にコーヒーをお持ちになりますか?」とテイクアウト用のコーヒーを用意してくれました。

混み合う朝食時間帯でもこのホスピタリティには感動します。

 

 

期待を裏切らない大好きなヒルトン系の朝食でした♪
家事から解放されホテルでいただく朝食は格別です。

 

 

 

マリオット VS ヒルトン

私はマリオットプラチナ会員、ヒルトンダイアモンド会員です。

ヒルトンは、ダイアモンドが一番上のステータスです。
マリオットは、プラチナの上にチタン、アンバサダーというステータスがあります。

 

しかし、マリオットプラチナ会員とヒルトンダイアモンド会員の主な特典はほぼ同じです。

 

マリオットプラチナ会員・ヒルトンダイアモンド会員の特典
  • 朝食無料
  • ラウンジアクセス
  • 客室アップグレード(空室状況による)

 

 

それでも普通なら、2つのホテルのステータスは必要ないですよね?

私もそのように思っていたので、マリオット重視で利用していました。
しかし、コロナ禍でお得なキャンペーンが多く、思惑通り?!ヒルトン修行をしてダイアモンド会員になりました(笑)

 

ヒルトンは国内ホテルが少ないので、利用する機会が限られるのが残念なところ。
しかし、北米ではヒルトン祭り(笑)アメリカ旅行をする際にはヒルトンステータスはかなり活かせます!
(マリオットも沢山ありますが)

マリオットも今まで国内ホテルは少なかったのですが、ここ最近は道の駅などの安価なブランドからWホテルなどスタイリッシュ系ホテルが続々とオープンして、特に関西方面は充実しています。

 

ただ言えることは、どちらも私のようななんちゃって上級会員が激増しているので、アップグレードは渋くなるでしょうし、ラウンジの利用規約が改悪される可能性もあります(マリオットでは既に改悪方向・・・)

 

それでも、自分の手の届く範囲で、楽しくホテルステイを楽しめれば私は満足です♪

 

 

 

終わりに

2020年にダイアモンド修行をしてヒルトンダイアモンド会員になりました。
今回は貯まったポイントを利用して憧れの「コンラッド東京」に宿泊しました。

 

マリオットプラチナ会員、ヒルトンダイアモンド会員になったのは、今後行かれるであろう海外旅行のための投資・・・

今年は3月の台湾、7月の台湾、8月のバリ島の予約を入れておりましたが、全てキャンセルしました(涙)
それでも、懲りずに来年の予約を入れています(プランBも考えなくては!!涙)

ワクチン接種がスムーズにいくよう期待しつつ、海外旅行が解禁されたときはすぐに旅立てるよう備えています。

 

海外旅行をモチベーションに生活してきた私にとって非常に辛い日々が続いております(涙)
しかし、コロナ禍で誰もが我慢をしてきましたよね?現在進行形ですが・・・

後ろ向きにならず、今のうちにポイ活に励み、将来行かれるであろう海外旅行を充実させようと思います!!

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事