子どもの留学中はイギリスへ順調に荷物を送っていましたが、その後またSAL便で荷物を送ることがありました。国際郵便マイページでの追跡表示がそれまでとは違う表記だったので戸惑いました。
また現地での追跡方法について記載していきます。

 

 

スポンサーリンク

国際郵便マイページに「税関検査のため税関へ提示」と表示される

今までは↓このような表示で、日本→UK→配達先に届いていました

今回はこのような表示に↓


「通関手続き中」から下が今までの流れと違う
税関検査のため税関へ提示」 不安を煽る・・・

 

税関で何か引っかかった?

今回はカイロを4パック(40個)ほど送った。
多すぎると商業目的と見なされることがあると聞いたけどそれかしら?

いつものようにVATがかからないようにINVOICEの金額を5000円程度に調整しているが、
税関で中身のチェックが入るとVATが発生する可能性もある!

とにかく通関が終わるのを待つしかない。
数日後、心配をよそに税関を通過し、普通に発送された。
娘に聞くと、荷物を開けられた形跡はなかったよう。

国際マイページの通関等の表示は送り先によって様々らしい。
例えば韓国だと「税関検査のために税関へ提示」と表示されることが多いそう。

憶測ですが・・・ランダムに荷物がピックアップされ税関へ提示されるのでしょう。
(そして、よほど怪しくない限り荷物は開封されない)

結局14日間で到着し、私の心配はなんだったの?状態でした。

同じような状況の方がいらっしゃいましたら、不安や心配はあるでしょうが、とにかく税関が終わるまで待ってみてください。

 

 

イギリス現地での追跡方法

今回学習したことは英国に着いてからはもっと細かく荷物の追跡ができるということ。

英国側では、
Parcel Force
Royal Mail

によって配達される。

我が家の経験上

SAL便はParcel Force、eパケットはRoyal Mailで配達されることが多い

 

「国際交換局に到着」(現地に到着の意)と表示されたら

日本発送時の追跡番号を上記のサイトに入力する

現地のトラッキング番号に自動的に変換されトラッキングができる。
(ちなみにParcel Forceの管轄でない場合は「この荷物はRoyal Mailだよ」と教えてくれる)

※Parcel Forceの場合
・デリバリー予定日が分かる
・エリアによって土曜日は14時までしか配達してくれない(日曜日休み)

私がトラッキングしたときは「In Delivery Depot」
翌日の土曜日には「Out for Delivery」に変わっていたので
娘に「今日の14時までに荷物が届くよ」とお知らせしておいた。
すると13:26に配達済となった(時間内に届いてビックリ)

 

一方Royal Mailでは、
荷物が娘の滞在先の管轄郵便局まで来ていることは分かったが、デリバリー予定日は分からず、そのまま配達済となった。
(時差の関係もあるので、こまめにチェックしておりませんが)

しかしながら、配達済となるとこのように受取人のサインがアップされる(笑)

 

 

スポンサーリンク

日本から発送した荷物が届かない場合

日本から発送した荷物がなかなか届かない等不安がある場合は、日本の郵便局に問い合わせもらちがあかないので現地に到着したタイミングで、受取人から直接Parcel ForceかRoyal Mailに問い合わせすると早い。
荷物がどこに来ているか?が分かれば、その郵便局まで取りに行くこともできる。

国際マイページとはタイムラグがあるので、配達日の翌日になってやっと「お届け済」表示となることが多い(登録しておくと、配達済のメールに届く)

私は海外の郵便事情なんてこんなものと思っているので、ちゃんと届けば多少時間がかかってもOK。
むしろイギリスは荷物がしっかり届く方だと思っています。

やはり日本の宅配システムは優秀ですよねー
日曜日も届けてくれるし、2時間刻みで配達時間も選べる。
先日Amazonで朝注文した物がその日の夕方には届いていた。
そこまでしなくてもいいのに~と思うほどです。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事