ロサンゼルス旅行2日目。

ディズニー・カリフォルニアアドベンチャーランド

L.A.市内移動

Farmer's Daughter Hotelチェックイン

 

 

スポンサーリンク

ディズニー・カリフォルニアアドベンチャーランド

早起きしてディズニーへ繰り出そう!と言ってたのに、起きたら8時を過ぎてた・・・

予定は狂うが、私的には嬉しい。なぜなら、私は非常に時差ボケする人で欧米に行く度に最初の3日間は早朝に目覚め眠れない、夕方に眠くなり、頭がボーした状態が続く。
しかし、今回は眠れた♪(夜中に一度目覚めたけど)

直営ホテルに宿泊の場合、曜日によってパーク開園の1時間前から入場ができる。
この日はディズニーランドが対象だった。ディズニーランドは日本にあるので、ディズニー・カリフォルニアアドベンチャーランドで1日過ごすつもりでいた。

特典を使えないのは残念だけど、寝坊した時点で1時間前の入園は終わった(笑)
このホテルに決めた一番の理由は、ホテルからパークへの専用ゲートがあること。
ゲートでは荷物検査があり、チケットを提示し、ゲートを出るとそこはパーク内。
すごい!!

建物がホテルで、手前がパーク
移動時間の短縮になるし、ちょっとホテルに戻ることもできるので便利♪

 

現地の人は午後からゆっくり繰り出すのか、平日の9時過ぎはまだまだ空いている。

カーズランドへ直行。
事前情報から「ラジエータースプリングス・レーサー」が唯一激混みのアトラクションとのこと。このFPを取りに行く。スタンバイで60分待ち、FPは14時台。まずますですな。

カーズランドは比較的人が多かったけど、他のエリアはガラガラ~

 

さあ、朝食を食べましょう(笑)
どのレストランも空いていて、ホント日本では考えられない。
サンフランシスコ名物のパンに入ったチャウダーを食べている方がいて、美味しそうだったのでそのレストランに入ってみる。
パーク内なのでコスパはそれなり、お味も今一つ。まあ、しょうがない。

 

どこも待ち時間がほとんどなく、目の前にあるアリエルのなんちゃらに乗る。

 

その後、私はチェックアウトの為一旦ホテルに戻る。夫と子ども達は引き続きパークで遊ぶ。
ホテルへのゲートへ入るときに再入場のスタンプを押してもらう。
(もちろんホテルのカードキーがないと入れない)
パーク←→ホテル間の移動がめっちゃ楽。
値段は高いけど、時間を有効利用するにはこのホテルは大正解♪

ホテルをエクスプレスチェックアウトし、荷物を預ける。
時差ボケで朝食を食べていない息子対策とコーヒーが飲みたくなった自分対策で、夫達とダウンタウンディズニーのスタバで待ち合わせる。
朝食を仕切り直し(笑)いや、早めの昼食?

ディズニーとスタバコラボの限定マグが可愛い♪
コーヒーを飲んでいる間、子ども達はお隣のディズニーショップでお土産を物色。
日本だと混んでいるのもあって、パークに過ごす時間が大半だけど、現地の人達は数日滞在している人が多いのか?2つのパークを行ったり来たり、ダウンタウンディズニーで食事したりとゆったり過ごしている模様。

お昼過ぎにパークへ戻り、グリズリー・リバーのFPを取る。取ったつもりが、間違えて、夜の噴水ショーのFPを取ってしまった。だって、FPマシンが4台並んでいて、一番左側の1台だけがショーのFPなの。目立つ表示もなく、分かりにくい!

すると、突然のスコール!!慌ててショップへ入ると、ポンチョを買っている人多数。
小雨になり、FPを取ったつもりのグリズリー・リバーへ行くと30分待ち。
あっという間に順番が来た。これはずぶ濡れアトラクションなので、途中でポンチョを買うつもりでいたけど、途中にポンチョ販売機があるかと思っていたのにナイ。
あちらの人は、ポンチョを着て挑む人はほとんどいないけど、着たい人は事前にショップで買わないとダメでした。

アドベンチャーエリアは名前の通りアドベンチャーな雰囲気(笑)

 

このアトラクションは川下りのようなもので超楽しかった~(この手のずぶ濡れアトラクションは、マジックマウンテンなどにもありアメリカではポピュラー)
私はパーカーでがっつりガード、シンガUSSの教訓から足元はバレエのようにつま先立ちキープ(靴が濡れないよう)
ガードのおかげでさほど濡れずに済んだけど、夫と子ども達はびしょ濡れ!
濡れると寒い。乾燥しているから服はすぐに乾くけど寒ーい。

その後日差しが出て、夫はベンチで靴下や靴を乾かす・・・
空いているベンチを探す苦労もなく、ポップコーンやチュロスの列に並ぶこともなく、やはり日本のディズニーの混み具合は異常だと思う。

アメリカのディズニースタッフ達は、もちろんホスピタリティは持ち合わせているし、楽しませてくれるけど、日本のように(超)ハイテンションではありません!
「いってらっしゃーい」←超笑顔で!!みたいなことはない。
香港然り、スタッフは普通です。

日本のディズニーは日本独特?!おもてなし精神で良いと思うけど、オリエンタルランド独自の教育の元に成り立っているのでしょうね。
私的にはあそこまでやらなくても良い!と思いますが(毒)
昔キャストの面接に行って、テンションの高さについていかれず断念した経験あり

ともあれ、興味のあるアトラクションはほぼ制覇。
前評判通り、カーズランドは最高に楽しかった。カーズの世界そのまま♪
マックィーンやメーターと写真が撮れるエリアも楽しい。
スタッフはカメラや携帯で何度でも撮影してくれるので有難い。

 

街が良くできているし、ラジエータースプリングスレーサーは何度でも乗りたいほど迫力満点!!ちなみに午後は80分待ち。

カーズの車に乗り込み、最初は映画そのものカーズの世界を冒険し、最後はもう1台の車と合流しレースをする。砂漠の道を猛スピードで走る。すぐ隣にもう1台の車がいるのでリアルにレースをしている感覚が味わえる。
あれはスゴイ。日本にもきて欲しいな~

 

Farmer's Daughter Hotel

ホテルに戻り荷物を受け取り、L.A.市内へ移動。
もう1日あれば、ディズニーランドもしくはナッツベリーファームを楽しめたけど、テーマパーク三昧になるのは避けました。

ハリウッドへ移動後、「Farmer's Daughter Hotel」にチェックイン。
パーキングはバレーのみ、隣の入り口から入るとフロントあり。
プチホテルらしくとてもかわいらしい、小ぢんまりしたショップ併設。

 

客室はお隣の建物にあり、下に車が停まっているのでモーテル風。
部屋の広さはそこそこあり、アメニティも最小限あり。
これで1泊170ドルほど。コスパ良い!

客室はカントリー風 ベッドカバーはデニム地

プール

併設したカフェ 昼も夜も混んでます♪

 

このホテルの一番のポイントは立地の良さ!
目の前にファーマーズマーケット、ホテル沿いにカフェとTRADER JOE'S、信号を渡るとWHOLE FOODS、さらにその先にK-martとROSS、その向かいにはTHE GLOVE

車がなくてもショッピングのはしごができる素晴らしい立地です。
(ファーマーズマーケットからGLOVEに通り抜けするとめっちゃ近い)

 

ホテル目の前の通りと並びにあるトレジョー

 

夕食の買い出しがてらWHOLE FOODSへ。
オーガニック食材を扱うこちらのスーパーは化粧品やエコバッグも有名

 

野菜やフルーツが沢山あり、どれも新鮮そう~
あれもこれも欲しくなる!

夕食はTO GOしてホテルで食べることに決定!
フルーツの詰め合わせ、ネクタリンやグレープ、サラダバーやデリバー(好きなだけ詰めて重さで値段が決まる)、チキンやお寿司類、和食のお弁当など種類豊富!

ベーカリーで美味しそうなデニッシュを物色していると、夫が「ERが来たぞ!」と。
アメリカンドラマのERもどきのユニフォームを着た男性が買い物している。ER(←勝手に名づけ)が選んだデニッシュを私も買いました(美味しいと期待を込め)
WHOLE FOODSの裏に大きなクリニックがあったのでそこのドクターでしょうか。

ヨーグルトの試食販売もあり、なんと「抹茶ヨーグルト」でした!(日本にないから)
ほんのり抹茶味のするなんとも不思議なフレーバー(笑)
L.A.には抹茶ブームがやってきているのか???
とにかくヘルシーブームがやってきているのは確か。

色々買ってホテルで食す。
ヴィネガーやスパイスの種類が多くて、サラダバーのドレッシングを適当に作ってかけてきたのだけど、これが美味しい♪
野菜が新鮮というのもあるけど、サラダが我が家では大ヒット(笑)

ホテルの冷蔵庫はスペースに余裕があるので助かる。

3-4日目に続く~

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事