ロサンゼルス旅行記1日目。

成田空港

LAX空港 レンタカーを借りる

ディズニーカリフォルニアグランドホテル

 

スポンサーリンク

成田空港サクララウンジ

久々の成田空港出発、自宅から車で1時間半ほどかかり成田に到着。
成田までのスカイライナーはとても早くなったし、子どもは大きくなったので、スーツケース2つほどなら手ぶらサービス利用で電車移動の方がずっと楽かもしれない。

お久しぶりの成田空港サクララウンジ
離陸する便が少ないのか?ガラガラ~
シャワーを浴びたかったけど、化粧品類はスーツケース内・・・残念

 

欧米系ファミリーが麺つゆをつけずにパサパサの味の無いお蕎麦を食べていた。
JALさん、麺つゆをかけるようどこかに表示してあげて~(願)

 

私だけDFS散策。
某国の方で溢れている光景は通常運行。
その後ラウンジでのんびりしてから搭乗。

準備編記載の通り、お目当ての777機材、新しいわ~♪
Cクラスがとても快適そうで、特典分はCクラスにすれば良かった!と少々後悔。
実際CとPYをキャンセル待ちしていて、落ちてきたのがPYだったのでしょうがないです。

PYもなかなか快適で、米国便はさすがにPYの座席数が多い!!
最近(特に長距離路線)は 安さ<快適さ を求める方が多いということかな?

阿部ちゃんのCMでお馴染み「新・間隔エコノミー」は従来のYより10cmピッチが広い。
リクライニングしても激狭ではなく、ヘッドレストも上下に調整できて良い感じ。
さらに機内プログラムが充実していて、Yでも依然と比べるとかなり快適です。

 

思えば、子どもが赤ちゃん期のハワイ路線(主にUA利用)のYはホントにひどいものだった。アジア便なら我慢できるけど、長距離の深夜フライトをよく耐えたと思います。
→若さ故・・・

JALは機内食のレベルも高いです。容器が一新され、開けやすく、閉めやすく。
JALといえば、ハーゲンダッツのアイスクリームですが、帰国便はハーゲンの3倍ほどの量のアメリカンなオーガニックアイスクリームがサーブされました。

特記すべきはAIRモスバーガー。
到着する直前、日本時間深夜2時にサーブされ(笑)食欲ゼロ・・・
しかも、インストラクション付で、オニオンやソースなどを自分で追加していく作業がツライ・・・
息子は眠い目をこすりながら作っていたけど、出来上がったとたんに力尽き、一口も食べずに眠りました(笑)

 

バンズが湿らないように紙?で仕切りがしてある。
お味は「モスバーガー」そのもの!美味しい♪(ただしバンズがちょっと固い)

 

私的にはアリだけど、アメリカに到着する直前にモスバーガーって・・・
おにぎりの方が嬉しかったりする?!

 

LAX空港に到着

15年ぶりのLAXに到着~
税関が長蛇の列!!でも、過去10年以内に米国に入国していたら、早い列に並べる。
もしや???パスポートを確認すると夫と私のパスポートにはハワイに入国した履歴があるものの子ども達のパスポートは有効期限5年なのでNG・・・(涙)
仕方がなく長蛇の列に並ぶ。

悪名高いLAXの長蛇の列に並びながら、ネット環境の接続などを確認。
L.A.はWifi環境が良いとの情報からルーターを借りず、ドコモの「海外1dayパケット」を利用。初めての利用だったけど、1日980円で必要な日数だけ接続できるというもの。
事前にアプリをDLしておいたので問題なく接続。

→結局、昼間はモール等のWifi、夜はホテルのWifi利用をしたので、ドコモを利用したのは2日だけでした。

グルグル長蛇の列に並び、1時間半を経過する頃にはやっと列の先頭になる。
すると空港職員が「JL62~」と便名を叫び始める。先に到着した便を優先させる。
「はいはーい」と申し出て、やっと税関通過。
LAXの税関通過には2時間はみておいた方が良いですね。
トランジェットはさらに余裕を持たせるか、しない方が良い(笑)

税関職員はフレンドリーで、夫の増刷されたパスポート見て「CHINAばかり行っているね。何の仕事してるの?」とか5年前の子どものパスポート写真を見て、子ども達に「大きくなったねー別人だよ!」とか「ママ(私)は変わっていない」などジョークを交え、疲れ切った私達をリフレッシュさせてくれた。

税関を出るとターンテーブルがある。LAXの発着回数はハンパない。
長蛇の列に並んでいる間にどんどん次の便が到着するわけで、どんどん荷物が出てくる。ターンテーブルは常にフル回転なので、先に到着した便の荷物はターンテーブルから降ろされ、フロアにとばーーっと並べられる。

係員に「JALは?東京からの荷物は?」は聞くと、「あっちの方」と指をさされ、大量の荷物の中から自分の荷物を見つける。
よくこれでロストバゲージにならないよね?(いや、なっているのか?)

やっと空港を出られ、レンタカーのバス停からダラーレンタカーのシャトルバスに乗りこむ。昔は乗り込む前に名前を告げて予約を確認したけど、確認はなかった。乗り込むと運転手が荷物を積んでくれる。

 

ダラーレンタカー

バスといっても、大きな大きなトレーラーのようなバスなので息子大喜び。一番先頭に座り、時差ボケは一気に覚めた模様(爆)

 

カウンターで予約確認書を見せて手続き。
日本で保険等は全て申し込んだので、ナビシステムだけ追加でお願いする。日本語の設定にしてもらい、なんという至れり尽くせり♪
車種はコンパクトカーにしていたので「小さかったらカウンターに来てね」と言われ手続き終わり。

 

昔は「あなたはこの車ね」と車種を指定されたけど、現在はコンパクトカーの駐車場で自分で好きな車種を選ぶ!!5台ほどあり、色やメーカーも様々。

迷う!!(笑)

車を決めたら、荷物を積み、エンジンをかけて乗り込む!ザ・自由(爆)

余談ですが、空港近くの営業所なので、飛行機がガンガン飛んでいる。
飛行機のお腹がこんなに近っ!!迫力満点♪

 

出口で書類を見せ、バーコードをピッとして、一般道へ。
手続きが大分簡素化された。昔は車の傷や凹みなどのチェックをしたはずだけど。

久々の左ハンドル、左側通行、ウインカーを出そうとする度にワイパーを動かすのはお約束(笑)
アナハイムに向けてGO---

 

L.A.は車社会なので、ハイウェイの構造はよく考えられているし、車の運転はとてもしやすい。昔は地図を見ながら目的地に向けて移動し、間違えてもまたすぐ元の道に戻れ、方向音痴の私でさえ、L.A.ではスムーズに移動できた。

さらに今はナビがある!!ナビがめちゃくちゃ賢い!
日本語を話すのも偉いけど(笑)指示が正確、誘導に間違いがない。
(自宅のナビが古いので、東京ではいつもイライラさせられるのに!)

ナビの言う通りに進めば間違いなく目的地に着く。
目的地の設定は住所入力(住所も短いので簡単)、職場の同僚は「電話番号を入力するだけ」と言っていたけどその機種ではなかった。

1時間ほどでアナハイムに到着~
懐かしのナッツベリーファームの看板が見える!
(遥か昔17歳のときに来た♪)
今回は残念ながらスルーし、ディズニーへ。

予約したのはディズニーカリフォルニアグランドホテル。
入り口でバレーかセルフパーキングを聞かれ、バレーをお願いしチェックイン。

評判通りのロッジ風の素敵なロビー、チェックインの列に並んでいると事前にスタッフが誘導してくれる。ディズニークオリティ(笑)

チェックイン時に、事前に購入していたパークチケットも受け取る。
日本語のマップもいただきお部屋へ。

お部屋は隣の棟、巨大ホテルならではですね!!
一番安いカテゴリーなので、ガーデンビュー、下にモノレールが通る(笑)
客室はゴージャス感はないけど最低限のアメニティがあるそこそこのレベル。

 

アメリカのホテルでは歯ブラシがないので持参して正解。
スリッパもなし、機内のPYのを持ってきて正解(笑)

 

車で爆睡した子ども達は元気になり、早速プールへ。
どこに行ってもプールがあれば楽しい子ども達(笑)

 

この時期のL.A.は昼間は気温30度ほどあり日差しは強いものの、乾燥している冷たい風が吹くので、汗をかくことはなく快適。
日本からやってきた私など、半袖だと少し肌寒く感じるほど。
3時を過ぎて日が陰り始めるととても涼しい。プールは寒かったようで早々に切り上げる。

 

夕食はホテルに直結しているダウンタウンディズニーへ
ディズニーグッズや様々なショップやレストランがある。
LEGO大好きな息子がLEGOショップから出てこない(笑)素晴らしい作品の数々♪

 

オープンテラスが素敵なレストランで夕食を取る。
テーブルを用意するまでに30分ほどかかるから「携帯に連絡する」とのこと。
「国際電話だけど?」と言うと、フードコードでありがちなピッピと鳴るマシンを渡される。
ショップを散策しているとマシンが鳴る。

レストランでありがちな「写真を撮らせて」の写真サービスが来た。
子ども達に色々ポーズを取らせ、私達夫婦にも「もっと楽しそうに」など指示が多い・・・(楽しくしてますけど?)

暗くてお料理の写真が撮れなかったけど、サーモンやステーキ、パスタなど美味しくいただく。

 

食後に出来上がった写真を持ってきた。気に入ったら買えば良い。
我が家はこういう物にはお金をかけない主義なので、丁重にお断りする。
写真をポストカードにしたものをプレゼントしてくれた(最初にくれると言っていた)

時差ボケでフラフラだったので、夜は速攻就寝。

2日目に続く~

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事