イギリスへ荷物を送る際の問題点について、何度か記載してきました。
今回は荷物を送る際の梱包のポイントとAmazon UKを利用したお話です。

 

スポンサーリンク

海外へ荷物を送るときはとにかく重さがポイント!

重さで送料が決まるので少しでも軽くしたいですね。

私が荷物を送るときに工夫しているのは下記の通りです。

・瓶入りのサプリメントはプラの空き容器やジップ式のアルミパックに入れ替える。
(ジップロックのように中身が丸見えだと怪しく思われそうなので)
・化粧水は詰替用を購入
・お菓子類は、箱やプラのトレイから出して乾燥剤とまとめてジップロックに入れる。

 

ちなみに先日娘に送ったときは、こんな↓感じで段ボールにぎっしり詰めました。
SAL便なのに7日間と最短で着きました!!

少量なら郵便局で販売されている荷物用の袋が軽量で丈夫です。
(手提げ袋で外側がコーティングされている)
この白い袋です↓

 

日本からAmazon UKで購入してイギリスに配達してもらう

何でも送ってあげたい親心はあるけど、できるだけ現地調達してもらいたいのが本音です・・・

娘の場合、保湿剤など現地購入できる物は近所のBootsで購入しています。
こちらもアレルギーの件で詳しく記載しますが、英国製の低刺激シャンプーなどBoots等で販売されていない物は、私が日本からAmazon UKで注文し、娘の滞在先に配送してもらっています。

 

Amazon UKについて

Amazon comなど海外アカウントと連動している(日本のアカウントはNG)
日本のAmazonと操作はほぼ同じです。アカウント作成も簡単にできます。
UK国内なら当然配送料は無料!
Amazon UKで買える物があれば、多少割高でも日本から送るよりずっと安上りです

サトウのごはんやカイロは重さがあるので日本から送ると送料が高い!!
サトウのごはんはAmazon UKで類似品があります!
まさかのカイロも検索したらありましたよ!!

 

口コミは上々で、10時間以上持続。
よくよく見るとなんと「小林製薬」が製造している。
(小林製薬がヨーロッパ向けに製造しているのが「HOTHANDS」ブランド)
大きさが日本の物より小さめだけど良さそう!

お値段は1つあたり70円ぐらい・・・日本だと10個で298円位なので割高ではある。
送料を計算するとうーん・・・トントンかな。
でも、早く着くし、税関で止まることもない(関税徴収のリスクもない

 

Amazon UKで注文した物

  • 保湿剤(Bootsで買っているけど重いので)
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • 洗顔料
  • カイロ
  • 小学生向けの英語の推理小説(簡単すぎる!と言ってほしい笑)

Billing Addは日本の自宅の住所、送り先に娘の滞在先の住所を入力し、私のクレジットカードを支払う。Free Deliveryを選べば、少々日数はかかるけど送料無料で配達してくれる(急ぎの場合は+£4で翌日配送可)

 

注意点!と言いますか、気配りの日本人・・・

最安値の品物ばかりピックアップすると、送料無料はクリアできても、配送日が数日に分かれる。日本と同じで、要はAmazonに在庫がある物なら一括配送してくれるけど、倉庫が別だと個々に配送されるというわけ。自宅なら構わないけど、娘の滞在先に何度も荷物を受け取ってもらうのは申し訳ないので、少々割高(£1-2)でもAmazonに在庫のある物から選びました。

 

するとこのように6点一括で配送されます。


 

Amazon管理(Amazon倉庫に在庫あり)の物を探すのは、品名のところに
Sold by: Amazon EU S.a.r.L.
とか
dispatched by Amazon over £20
と書いてある物を選ぶと良いと思います。

最後のPAYMENT画面で確認できますよ!

時間がかかるといっても、結局予定日より大分早く注文後3日で到着。
ちゃんと配送完了のお知らせも来ました。

ご近所さんが受け取ってくれたようで、「ご近所さんに配達しました!」表示に!笑

 

海外製造のカイロのレビューは?

「熱すぎる!!」
「サイズは小さくて、日本のミニカイロのサイズ」

 

熱すぎるって・・・笑 低温火傷に注意ですかね?!
今回40個も送ったので、もう送ることはないと思いますが、悪くないと思います♪

 

スポンサーリンク

終わりに

日本から送るときはできるだけコンパクトに重さは軽くするのがポイント!

できることなら現地調達するべし!

我が家のように子どもでは買えそうにない物は、日本からAmazon UK等ネットショッピングを利用して配送するのも便利。

 

お役に立てれば幸いです♪

 

スポンサーリンク
おすすめの記事