いよいよ出発です。
出発前にやるべきこともまとめました。

 

スポンサーリンク

出発前々日

手ぶらサービス(日系エアラインの場合)

大きなスーツケース1つを送る。
自宅に集荷に来てもらい、次荷物を受け取るのは海外(浦東)の空港。
自宅で発送したら、現地の空港までスルーしてくれるので、荷物が多いときや小さなお子様がいる方にはおすすめです。

 

出発前日

レンタルWIFIが届く

注意事項に書いてあるスマホの設定を変更しておく。
手荷物に入れることを忘れないように!
(バッテリー類は預入荷物に入れられません)

 

エアの座席指定

子ども達はANAの特典航空券なので予約時に指定済。
私はUAの特典航空券なので、当日空港で指定するしかないかと思いきや、ANAに電話すると私の情報が紐づいているとのことで、適当な席が割り当てられていた。

子ども達と並びで座りたい為変更したい。
往路は既に座席指定が締め切られているので、24時間前のオンラインチェックイン時に指定してと言われる。
復路は既に並びの席は誰かに押さえられてしまったので、1列後ろの席を指定した。

UAで予約したANAの特典航空券でもANAでアカウントを持っていれば紐づけられ、ANAサイトからも予約確認、座席指定ができ、オンラインチェックインもできる。
以前はできなかったので改善されました。

こんなことなら予約した時点でさっさと座席指定をすれば良かった・・・
往路はオンラインチェックイン時に無事3人並びの席を指定することができました。

 

スポンサーリンク

成田空港から出発

お久しぶりの成田空港、スカイライナー利用。
昔と比べるとスカイライナーは早くなりましたね~

この日はまさかの極寒!!
我が家付近はそうでもなかったけど、成田は吹雪いていた・・・
成田空港から外の景色を見たら「雪国」になっていました(涙)

今回初めて国際線のオンラインチェックインをして、搭乗券を家でプリントアウトした。何故今までしなかったかというと、家族連れの場合は絶対に荷物を預けるので、ANAカウンターに行く必要がある。ついでにチェックインもしてしまえ!というわけ。
(オンラインチェックインをした場合は、預け荷物専用カウンターで荷物を預けられるが、実はチェックインカウンターの方が空いていることが多い。
普通にチェックインして搭乗券をもらい、荷物を預けた方が早かったりする)
夫のように機内持ち込み荷物オンリーの人はオンラインチェックインは便利だろうけど、荷物を預ける人にとってはあまりメリットないと私は思っている。

上海便はさすがにビジネス客が多い。子ども達をゲートに待たせ、私は免税店へ♪

愛用の化粧品を免税価格から10%オフで購入(安い!)
さらにキャンペーンでくじを引いたらサーモスのボトルが当たった♪


オンタイムで搭乗、オールニッポンエアの機材だったので昨今稀に見る老朽化した機材。機内プログラムがあったのが救い。
そして、まさかのディレイ。除雪の為ですって。

機内に座ったまま、空調が効かず暑い中60分待つ・・・
ハリーポッターシリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を視聴できたので耐えられた。
(足元の広い席だったら、離陸までモニターを使えないから地獄。指定しなくて本当に良かった・・・)
1時間遅れて離陸、機内食はごく普通。

 

浦東空港に到着

お久しぶりの浦東空港!!!
入国する外国人の多いこと。税関は長蛇の列!
人の流れに乗って長蛇の列に並んだけど、係員が中国語で叫んでいる。
「こちらの列もどうぞ!」的な。

あら?、私中国語聞こえているじゃない???
子ども達を引き連れ、長蛇の列から離れて係員の方に行くと、後ろから日本人がぞろぞろとついてくる(笑)
入国、荷物ピックアップ後、外へ。

空港からディズニーランドへ移動する。
タクシースタンドが混んでいることを予想して、MKタクシーを予約していた。
私の名前の紙を持って待っているはずだけど見当たらない。とにかく大勢の人が出迎えしている(ディレイしたから混乱気味)
浦東の出口をご存知の方なら分かるだろうけど、出口は途中から左右に分かれる。
右に行ったら、左で待っている人は気づかず、反対でも同じ。一応モニターがあるけど、当てにならない。
見つけられずMKに電話すると、私が出た方と反対側の通路で私のフルネームの紙を持ったおっさんが待っていた(笑)

「飛行機が遅れてお待たせしました」的なことを言うとにこやかに荷物を持ってくれた。「あんたたち出てきたときに見たよ。あっちに行っただろう?」とおじさん。
予約時に「子連れ」と書いておけばおじさんが探してくれたかも!

とにかくおじさんはにこやかで、駐車場に停めてあった車はとってもキレイ(上海比)で大きい。「シートベルトしてよ」と言われる。
安全帯=シートベルト、また中国語聞き取れた♪

懐かしの上海の街並み、一気に3年前に戻る。
何の違和感もなく受け入れる私達。
子ども達も「あー、コレ、コレ、コレ」みたいな(笑)
まるで里帰り♪

 

トイストーリーホテルに到着

MKの運転手は教育されているのか?めっちゃ安全運転。
(上海の運転手に慣れていると「おっせーよ」ぐらいな安全運転)
それでも30分弱でディズニーエリアに突入~
街並みがキレイで膨大な土地、あと3つぐらいランドが作れそう!!
そしてトイストーリーホテルへ。
可愛いーーー♪

運転手にお支払してバイバイ。
(多少割高だけど、安全だったし、時間のロスもなくて良かった。ファミリーや数人のグループにおすすめです)

ホテルに着くとベルマンがサッと来て、荷物をベルデスクへ(半券をもらう)、チェックインカウンターへ誘導される。他のスタッフは「ニイハオ」とにこやかに手を振る。
(い、違和感が・・・ こんなの中国じゃない!毒)
フロントデスクは英語堪能な人とそうでない人がいて、こちらが外国人と分かると堪能な人が担当する。やはり大陸の利用者が多いのでしょうね。

部屋は15時以降に入れるので、その頃鍵を取りに来てとのこと。

雪の極寒東京モードの私達、初夏の上海(20度超え)モードになる為、スーツケースから荷物を取り出したい。
ベルデスクへ行き、「ここでスーツケースを開いても良い?」と聞くと5人中2人英語が分かる人が「OK」と。分からない人は???な態度。

上海モードになり、不要な荷物を全て預け身軽になる。
(ホテルスタッフは、荷物個数と予約番号をチェックする徹底ぶり)

そして、チケットデスクへ行き2日間のチケットを購入。
日本的に思わず「パークチケット」と言ってしまいデスクのお姉ちゃん戸惑う。
パークじゃないのね(笑)

トイストーリホテルでチケットを買った場合は、ルームキーのようなプラのチケットになる。裏にチケット番号等が印字されているので、無くしたときの為に写真を撮って!と言われる。いざという時は再発行してくれるらしい。

おっと、外の広場にウッディー登場!
なのに、誰もいない・・・
子ども達は写真を撮ってもらう。
誰もいないので暇なのか??? キャラ自らポーズを指定され、何枚も撮影することに(笑)カメラマンからフォトパスカードをもらう。
(このフォトパスカードをパーク内でも使用する)

ホテルを出てバス停へ。
あ、暑い!! これぞ上海な日差し!! まだ3月なのに~
スーツケースから日焼け止めを出すべきだった~
サングラス持ってくるべきだった~

バス停にはスタッフがいて、ディズニーランドへ行くのか?とにこやかに聞かれる。
どうやら行き先はディズニーランド(タウン)行きとディズニーランドホテル行きがあるよう。

ホテルエントランス左側にバス停あり

バスで7分ほどでランドのバス停へ。
が、ランドのバス停からランドの入り口までが結構遠い。
ディズニータウンを経て10分ぐらい歩くかな???
反対側には地下鉄駅がある模様。

いよいよ上海ディズニーランドへ♪

 

スポンサーリンク
おすすめの記事