オーストラリア シドニー旅行記 2024年3月⑤ 2日目 シドニー入国 ロックスエリア

2日目~

快適な空の旅もあっという間、いよいよシドニーキングスフォード国際空港に到着。

 

 

 

スポンサーリンク

オーストラリア 入国カード

パスポートとETAは既に準備万端ですが、加えて機内で配布される入国カードの記入が必要です。

日本語版もあるようですが、私の座席に準備されていたのは英語版でした・・・
質問事項が多いので余裕を持って記入しておきましょう。

 

JAL公式サイトの入国カードの記入例です。
機内モニターからも参照することができます。

 

 

オーストラリアは自然保護に厳しい国です。
着陸前のアナウンスでは、これでもか!とちょっと引くほどリマインドされます・・・

 

また食品の持ち込みも非常に厳しいです。

迷う場合は申告してください!

申告しておけば、例え持ち込み禁止の食物を持っていた場合でも罰金にはなりません!

と不安を煽るアナウンスが3回ほど流れました笑

 

我が家は、サトウのご飯とフリーズドライのみそ汁を持参していました。
事前に確認したところ、持ち込み自体は問題ない認識でした。

しかし食品を持っているだけでも申告が必要?と迷ったので、入国カードに記入しました。

 

 

 

シドニー入国

前の人についてぞろぞろ歩いて行くと、機械がずらりと並んでいます。

オーストラリア人、外国人問わず、こちらのマシンにパスポートを読み込みます。
日本語の案内もあります。
機械によっては、なぜか一度では読み込めず何回か試してやっとパスポートを読み込むことができました。

 

パスポートを読み込めたら、入国審査は完了です!

エッ、これで終わり?
(日本見習って!と思いました)

 

ターンテーブルで荷物をピックアップします。

 

そして、いよいよ税関申告。

申告物がない人はそのまま外へ出ます。

申告する人は「DECLARE」の列に並びます。
私は「食品の持ち込みあり!」にしたので、並びました。

10組ぐらい並んでいましたが、並びながら係員が「何を持っているの?」と聞いてきますので「Microwave Rice」(レンチンご飯)を回答すると、「OK! No.6」と指さされ、6番出口へ行くと、外に出られました。

 

エッ、これだけ???

 

留学や駐在の一時帰国等で大量の食品を持ち込んでいる場合は大変かと思いますが、普通の旅行者であれば素直に申告すれば問題ないようです。

ワンちゃんがいたので、怪しい人は見つかるのではないかと思います。

迷う場合は申告しましょう!!笑

 

 

 

 

スポンサーリンク

Uberの乗り方

朝6時すぎに空港の外に出ました。

現金2万円だけ両替し、ホテルへ移動します。

シドニー空港を出ると、「Car Pick Up Area」があるのでそちらへ行き、Uberアプリから配車手配。

 

ホテルの住所を入力し、4名+大きなスーツケース2つ が乗れる車を選択します。
5分もしないで、韓国ヒュンダイ製の大型車が到着しました。

 

シドニー空港から市内へは車で20分程度の距離。

エアポートリンクという電車ありますが、1名19ドルするので、4名なら車移動一択です。

空港からホテルまで車で15分程度、25ドル(≒2,500円)でホテルに到着しました。

 

のちほど詳しくご紹介しますが、家族4名が快適に過ごせるよう今回はアパートメントホテルを手配しました。

朝7時頃にホテルに到着したので、さすがにチェックインはできず、チェックインの手続きのみ行い、荷物を預けました。

「シャワーを浴びたければ、ジムのシャワーを使ってね。タオルもあるから」
「着替えたければ、トイレを使ってね」ととても親切。

 

実はこちらのホテル、口コミは上々だったのですが、日本人の口コミがなく不安に思っていたのです(ある意味賭け)
ホスピタリティ抜群で安心しました。

 

しかしながら、最初は「英語話している?」と思うほど、英語が全く聞き取れませんでした。
娘の顔を見ると同じく英語が聞き取れていないよう。

オージーイングリッシュの洗礼を受けました。

後から娘が言っていましたが「英語が訛っているねぇ。全然聞き取れない」と。

この後、オージーイングリッシュに慣れるまで結構時間がかかりました・・・

 

 

夏服に着替え、シドニー旅のスタート!
イギリスっぽいねぇ、空が青いねぇ

 

こちらの鳥は街中至る所にいる「BIN CHICKEN」
ゴミをあさる鳥ということで、オーストラリア英語のBIN(ゴミ箱)から名付けられたとのこと。
Uberの運転手が教えてくれました。

 

ホテルから徒歩5分の場所にある駅から電車に乗ります。
空港からのエアポートリンクの駅でもあるので、めっちゃ便利な立地です。

公共交通機関に乗る場合は、Suica的なオパールカード、タッチ決済のクレジットカード、Apple Payを利用できます。
タッチ決済のクレジットカードがあれば最強です!便利すぎる!

しかし、レトロですよねぇ(ある意味気味が悪い)

ロンドンっぽい? NYの地下鉄にも似てるかな・・・

 

エアポートリンクはとても近代的!二階建てです。

座席の向きが変えられます。

 

3駅先のサーキュラーキーで下車
サーキュラーキー駅はレトロではありませんでした笑

 

サーキュラーキーエリアは、有名なハーバーブリッジ、おしゃれなロックスエリアがあり、
フェリーも交通手段になっているため、フェリーの離発着駅でもあります。

 

 

日曜日の7時台、このエリアはランニングする地元の方が沢山いました。

 

 

 

Pancakes On The Rocks THE ROCKS

朝食は、ロックスにあるパンケーキの人気店「Pancakes On The Rocks THE ROCKS」へ行きました。

 

 

人気店と聞いていましたが、日曜日の7時台はそこまで混んでおらず、予約なしでもすぐに入店することができました。
思いのほか、ファミレスのイメージで敷居が低いのが良かったです笑

 

メニュー

パンケーキが16ドル~、飲み物が5ドル~
1名あたり25~30ドル(≒3,000円)ぐらい

高いですが、エッグスンもこのぐらいしますよね。

 

注文を決めたら、レジでオーダーし、先払いです。
オーダーは娘にお願いしましたが、「オージーイングリッシュ、聞き取りにくい~」と戻ってきました笑

 

オーストラリアでの飲み物は、フラットホワイト一択!

フラットホワイトとは、エスプレッソとミルクを合わせたドリンクです。
カフェラテとの違いはエスプレッソの割合が多いので、苦めというかコーヒーの味をしっかり感じられます。
コーヒー好きの方にはおすすめです。

 

(なぜか)台湾で飲んで以来大好きなフラットホワイト
職場近くにオーストラリアカフェがあり、週1でフラットホワイトをいただいていますが、大好きです。

サイズはカップとマグがあり、マグを注文したら大きめマグカップで量が多い!

甘い系が苦手な方はこちらのパンケーキがおすすめ
(メイプルシロップついていますが)

甘い系が得意な人でも、チェリーチョコレートは甘すぎてギブでした・・・

ナチョも注文しましたが、お腹一杯で食べられず・・・
全て量が多いです(そういう意味ではそこまでお高くないと感じました)

 

 

 

Pancakes On The Rocks THE ROCKS
住所:4 Hickson Rd, The Rocks, Sydney
営業時間:24時間、無休
公式サイト:https://pancakesontherocks.com.au/

 

 

 

 

ロックスマーケット

土日のみ開催しているロックスマーケットを散策しました。

「Pancakes On The Rocks THE ROCKS」から1分ぐらいの場所で開催されています。

 

 

健康志向が高いオーストラリアならではのオーガニック食品や化粧品、雑貨類、アートなどがあり、楽しいです。
お腹が一杯ではなかったら、手作りレモネードをいただきたかった・・・

 

付近にはオシャレカフェやレストランが沢山あります。
太陽をたっぷり浴びながら、オープンテラスで食べるのがオージースタイル♪

 

 

ロックス・マーケット
営業時間:土曜日と日曜日 10:00-17:00

 

 

 

ハーバーブリッジ

ロックスマーケットを過ぎて芝生道をお散歩するとシドニーの象徴であるシドニーハーバーブリッジの真下に到着~

青々とした芝生ではヨガをしたり、お昼寝したり、犬のお散歩をしたりとめっちゃ平和。

 

ハーバーブリッジは、車、電車、徒歩で渡ることができます。

 

そして、ハーバーブリッジを登るアクティビティがあります。
写真の橋の上の方に人影がいるのが見えますでしょうか。

ここを3時間かけて歩くツアーがあります。

高所恐怖症にはあり得ないアクティビティですが、橋を見るたびに人がいたので(笑)人気のアクティビティのようです
日によっては、風が強くて危険だと思います・・・

 

海沿いをお散歩しながらサーキュレーターキーへ戻りました。

3月のシドニーは夏の終わりですが・・・いやいや真夏でした。
湿度は低いものの30度超えで暑かったです。

日差しがめっちゃ強いので日焼け止めは必須です(日傘は誰もさしていない・・・)

 

 

 

 

ライトレール 路面電車

そうこうしているとホテルから「部屋の準備ができたよ」とメールが届きました。
朝早くから動いていたので、ホテルに戻ることにしました。

 

戻りはライトレールにて。

ライトレールとは、シドニー市内を走っている路面電車です。
ライトレールもクレジットカードのタッチ決済やApple Payで乗車することができます。

 

乗車する際は、ホームの柱に↓にタップするだけです。
下車した後も同じようにホームの柱にタップします。

クレジットカードを持っていない子どもには私のVISAカードを持たせていました。

車内は広々しています。

 

 

チャイナタウンで下車し、スーパーマーケットに寄って買い出ししました。

オーストラリアは水が1,000円もする!と脅かされていましたが、2リットル100円のお水があって一安心笑

翌朝の朝食用にオレンジジュースやフルーツ、パンやハムなどを購入しました。
日本より物価はお高いですが、想定内です。

 

ホテルに戻りチェックイン。

口コミ通りとーーーっても素敵なアパートメントホテルの紹介は別記事にてアップします。

 

チェックイン後、夫と息子は昼寝していまい、もう外出する気はゼロ笑

娘とホテル周辺のアジアン街を散策し、夕食はホテル付近のタイ料理店でテイクアウトしました。
こちらのタイ料理店、昼も夜も混んでいるだけあってとても美味しかったです!

 

 

マンゴースティッキーライスも!

 

さすがに疲れたので早く寝ました!

2日目終了~

 

スポンサーリンク
おすすめの記事