初めてフォトパスというものを購入しました。
すごく便利でお得でしたのでおすすめします♪

キャラグリやフォトスポットなどディズニーランドのカメラマンがいる場所で写真を撮ってもらい、データをカードに入れてもらいます。
フォトパスカードがない場合は、「欲しい」と言えばくれます(笑)
一度もらえばOK。次からは写真を撮る度にそのカードを渡すとそこにデータを入れてくれます。

フォトパスカード

 

スポンサーリンク

フォトパス購入方法

とても簡単ですので、ぜひおすすめします。

 

アプリのDL

上海ディズニーランド公式のフォトパスアプリをDLする(日本でもDL可)
そこにフォトパスカードの番号を入力、もしくはQRコードを読み込むと、
撮影した写真データが反映されます(ただし購入前なので写真はぼかしモード)

キャラグリはもちろんエントランスなどのフォトスポット、アトラクション内の写真など全てDLできます。

アトラクション、例えばコースターに乗っている写真は、アトラクションの出口で自分が写っている写真を探し、その下のライト?にカードをかざすとフォトパスカードにデータが入ります。かなりハイテクなシステムです。
もたもたしていると自分が写った写真が消えてしまうので(どんどん次の画面になる)要注意!
私は娘がトロンに乗った写真をDLできませんでした~涙

 

写真を購入する

1枚ずつでも購入可能ですが、369元でDLし放題なのでそちらがおすすめ。
アプリ上でフォトパス・プラス369元を購入しても良いですし、園内のお土産屋さんにあるフォトパスプラスカードを購入してもOK。
園内で購入の場合は、エリアによってカードのデザインが違うので記念になりますね。
ちなみに我が家はトロンのカードを購入しました。

 

カード後ろのスクラッチを削ると12桁の番号が出てくるのでそれをアプリ上に入力すると写真のDLができます。
とても簡単ですし、分からなければショップの店員に聞けば教えてくれます。

 

メリットは、カメラマンがキレイに撮ってくれたり、キャラクターと触れ合うレアな場面があったり、画素数が良いこと。さらに同じ写真でもフォトフレームが数種類付いてきます。様々なデザインのフォトフレームがDLできるので、ディズニー好きにはたまらないと思います。

 

デメリット?!と言えるかどうかですが・・・
私の場合は、他人のデータもDLされていました。肖像権侵害・・・笑
これはカメラマンがカードにデータを入れるときに間違えたのかな?と思いますが、数回あったのでよく分かりません。
私達の画像もどこぞの誰かにDLされている可能性あり。

それにしても2日間、山ほどの写真が369元でDLできるのはお得だと思います♪
(特にグリ好きの方にはおすすめします♪♪)

 

スポンサーリンク
おすすめの記事