口コミが大好評な「圧倒的な保冷/保温マルチステンレスボトル」を購入しました。

雑誌の宝島社から販売されており、店頭ではセブンイレブンでしか購入できません。
宝島社とセブンイレブンのネットショップでは既に完売の商品です。

私は近所のセブンイレブンで購入しました。
雑誌ラックの前に白と黒の2種類のステンレスボトルが置かれておりました。
他にもバッグなど限定商品が販売されていることを初めて知りました。

販売価格は1,780円(税込1,958円)と結構なお値段で、最初は躊躇しました。
ペットボトルが丸々収納できるだけあって、思いの外大きく、重さもあります。

購入するか悩みましたが、あまりにも口コミが良く、ネットでは完売、メルカリで倍以上の価格で取引されていることから思い切って購入しました。

 

 

スポンサーリンク

マルチステンレスボトル 概要

以下、セブンネットの商品説明より抜粋

  • 600mLのペットボトルがそのまま入り、圧倒的な保冷力で冷たさを長時間キープできる
  • 2種類の蓋付きで、通常のステンレスボトルとしても使えます
  • 大型スープ&フードジャーとしても、500mLの缶ビール、缶チューハイの保冷用にも使えます。
  • 冬は直接ドリップできるコーヒーポット代わりにもなります。

 

保冷、保温どちらでも使うことができます。
6時間後も飲み頃温度をキープ。

 

ペットボトル以外で使用する場合は、こちらの通常のフタを使用します。
ペットボトルを使用する際は付属のフタを使用します。

 

気になる重さは、

  • ボトル本体:約290g
  • フタ(ペットボトル用):約37g
  • フタ(水筒用):約50g

本体とフタを合わせると300g以上、そこそこ重さがあります。

デザイン的には、ステンレスボトルというよりは茶筒という感じです。
色はホワイトとブラックの2種類です。

 

 

用途

かなり大容量ですので、レジャーの際に、スープやフードジャーとして、ドリップコーヒーを2-3人分入れるのに適していると思います。

500mlの缶ビールがそのまま入るのは斬新ですよねー
冷たいままキープして、飲むときはステンレスボトルに注げば冷たいまま楽しめます。

さらに、コンビニなどのコーヒーカップもそのまま入れられるのにはビックリしました。
持ち帰りにするとどうしても冷めてしまったり、氷が溶けてしまう心配から解放されます。

 

 

スポンサーリンク

ペットボトルでの使用感

我が家では、子どもの部活時のペットボトルを冷たいままキープするために購入しました。

500~600mlのペットボトルをそのままステンレスボトルに入れることができ、ペットボトル専用のフタに付け替えるだけととても便利。

このままの状態で冷たさをキープでき、飲むことができます。

 

今までは、1Lの飲み物を水筒に入れていたので、重さやスペース的にはさほど変わりありません。

冷やしたペットボトルを入れた場合、説明書通り6時間は冷たいままキープできます。
(朝8時に冷蔵庫で冷やしたペットボトル飲料は、16時まで冷たいままでした)
8時間キープ♪

また凍らせたペットボトルの場合、6時間経過しても氷が残っています。

 

家から冷やしたペットボトルをステンレスボトルに入れて持参し、飲み終わったら途中で冷たい飲み物を購入して入れ替えることによって、部活の間はずっと冷たい飲み物を飲めるのでとても気に入っています。

 

 

注意点

500~600mlのペットボトルが対象です。

こちらは我が家にあった500ml(左)と630ml(右)のペットボトルです。

 

630mlのペットボトルは高さが高く、フタがしまりませんでした。

 

500~600mlのペットボトルでは全く問題ありません。

 

 

終わりに

冷蔵や冷凍したペットボトルを持ち歩くのは、水滴が付くので工夫が必要でしたが、このステンレスボトルに入れておけば、冷たいままキープできて、水滴の心配もありません。

また筒状で、飲み口が広いので、お手入れはとても簡単です。
ボトルの底まで手が入るので楽々と洗えます。

個人的には、スープジャーやビールの出番は無さそうですが・・・
冬場自宅でアツアツのコーヒーを作って職場に持っていったり、コンビニのコーヒーを持ち帰るのに使用したいので、もう1つ購入しようかと検討中です。

とても人気があるお品ですので、見つけたら即買いですよ♪

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事