スポンサーリンク

おすすめのイギリス旅行土産

Fortnum&Mason

英国を代表する紅茶ブランド

 

CRIPPER TEA

お手頃価格のオーガニック製品(成城石井で売っています)

 

YORKSHIRE TEA

娘おすすめの紅茶、英国家庭の多くはこのブランドを愛飲しているそう

 

王室御用達「Waitrose」のショートブレッド

プレーンとレモン味

 

(個人的に大好きな)チャンク系クッキー

どこに行っても必ず買ってしまいます・・・

 

Fortnum&Masonのオルゴールクッキー

上部はクッキージャー、下部はなんとオルゴール♪
メリーゴーランドがクルクルまわりますよー
曲違いの特大バージョンあります

賞味期限が長いので保存食としても良い!

ヒースロー空港内のショップで購入できます。嵩張るので最後の最後に買うことをおすすめします。

 

常温保存のクロデットクリーム

英国といえばスコーン、スコーンといえばクロデットクリーム

たまたま観光地で見つけた常温保存のものです
さすがに生の濃厚なクリームとは比べられないけどまあまあです

 

レモンカード

レモンカードとは、レモン味のクリーム、英国ではスコーンやパンに塗って食べます
WILKIN&SONSやWaitroseなど各メーカー、スーパーブランドで販売されています

(成城石井でも最近見かけます)

 

WILKIN&SONSは王室御用達ブランド
英国王室御用達のものには全て「ロイヤルマーク」が付いています
しかもリーズナブルなのが嬉しい♪(日本だとお高いけど)

こんな感じでいただく♪

 

Maldonの塩

キムタクが広めた?!と噂の塩「Maldon」
日本ではお高いけど、英国では£2しません

 

美容と健康にポリッジ

娘おすすめのポリッジとヨーグルトに入れて食べる体にイイやつ

オートミールのようなもので、食物繊維豊富で美容に良いです

 

ホットクロスバンズ

英国ではイースターの時期に食べるパンで、あちらこちらで売っていました
朝食に食べたらシナモンレーズンのような味で私の好み♪
トーストしてバターをたっぷり塗って食べる♪

イースターの時期に行かれる方は是非ともお持ち帰りください(笑)

 

英国ではお手頃価格のJo Malone

日本よりかなりお安く買えます!ハンドクリームとボディクリームを購入♪

 

ロンドンチューブのキッチンクロス

 

ハリポタグッズやマグネットなど

 

娘はこんな感じ↓で友達用にラッピングしてました

(日本未発売のニベアのリップ入り)

 

お土産と関係ないけど、LEGOでいただいたイースターギフト♪

 

エコバッグ色々

エコバッグホーリックな私が買い集めたエコバッグ達 ママ友のお土産はコレに限る!
「また?」と思われているかもだけど、「前にもらったのがちょうど破けたので嬉しいー」なんて言ってくれる方もいる(笑)

WHOLE FOODS 麻が新しい!

 

WHOLE FOODS しっかりデニム地バッグ(子どもが使っている)

 

M&SとWaitroseの麻シリーズ、麻が流行っているの?

しっかりしているので買い物には使いにくいので、インテリアとしていかがでしょうか?

 

人気カフェのエコバッグ、こちらも麻!!
この中に紅茶やショートブレッドを入れて親しい方のお土産にしました

 

番外編

ブリティッシュイングリッシュ

今回の旅行で改めてアメリカ英語とは違う!と感じた。
到着してすぐブリティッシュアクセントの洗礼を受けたのだけど、すぐに慣れて
ホテルや娘の学校関係者、ホストファミリーの英語はとても聞きやすかった。

そして、ショップやレストランでは思わず「Hi!」と言ってしまうのだけど、英国人は「Hello」と言う。
誰も「Hi」と言わない・・・
「Hi」と言い慣れている私はなかなか直せず(娘に「恥ずかしい」と言われる・・・)

もう一つ私がよく言ってしまうのは「Thanks a lot.」
これも英国人は言わない・・・「Thank you.」

うーん、やっぱり紳士の国だわ(笑)

私が印象に残った英国人がよくいう言葉は「lovely」「brilliant」
「brilliant!!」って「輝かしい」という意味しか思い浮かばなかったのだけど、娘いわくアメリカ人が頻繁に言う「awesome」の意らしいです。

その他英国独特の単語も沢山ありますね。
jumper →セーター(上からかぶって着る服のこと)
coach →長距離バス

 

英国人

私が接した英国人は親切な人ばかりで、こちらが理解できないと別の単語や言葉で言い換えてくれるし、わざわざ地図に印をつけてくれたり、降りるバス停で声をかけてくれたり、本当に素敵な人々ばかりだった。

特に娘が住む街の人達は素晴らしかった。
ロンドンは多国籍だけど、娘が住む街ではアジア人はほとんど見かけない。でも、差別するような行動は全く見られないし、常に譲り合い精神、仕事をテキパキこなす(サボらない)

私が経験してきたアメリカや上海の店員たちは話ながらレジを打ったり、客が待っていてもスマホをいじっていたりとお構いなし!
これらは海外では普通のことでルーズでもないのだけど、英国ではたまたまそういう場面に遭遇しなかっただけかもしれないけど、「ちゃんとしているなー」というイメージが強い。
レジが混んできたらサッと別のレジをオープンしたりという「日本的な」場面が多く見られた。

前回英国を訪れたのは私が10代のとき、自分の経験値も浅かったし、余裕がなかったので感じ方の違いはある。

英国は物価は高いが、雨は多いが、住んでみたいなーと思わせる素敵な国だった。
イメージが良すぎて、私の中で英国は一気に好きな国上位にランクイン♪
いつか英国全土を巡る旅行をしたい!!

長々と旅行記を読んでくださりありがとうございました♪

 

スポンサーリンク
おすすめの記事