7日目~

終日ロンドン観光の日!

 

スポンサーリンク

イタリア系のチェーンカフェ「Caffe Concerto」

朝食はホテル斜め向かいにあるイタリア系のチェーンカフェ「Caffe Concerto」でいただく。

朝食の種類豊富、アフタヌーンティーもできる。
お隣のテーブルのフランス系の観光客は、飲み物とクロワッサンを食べてました。
1日中使えそうなカフェ♪

フルブレックファスト

パンケーキ

スピニッチオムレツ

 

ビッグベン

ホテルからは徒歩圏内だけど、小雨が降っていたのでバスで移動(3 Stops)


ええ、ビッグベンは改修中でございます~
周りは覆われているのだけど、上層部だけ飛び出た不思議な感じになっている。

 

スポンサーリンク

ウェストミンスター寺院

前日の午後に通りかかったときは15時でクローズしていた。
その日によって貸し切りの行事やサービスの時間帯があるので事前にチェックすることをおすすめします。
ウイリアム王子とキャサリン妃が結婚式を挙げた場所。
素晴らしい建造物ですねー♪

私達が到着した時間帯はオープン前だけど既に長蛇の列!!!
各国の観光客がずらりと並んでいる。
小雨が降っていたので傘をさしながら30分ぐらい並んだでしょうか?

子どものさした傘が後ろの中国系の方にあたってしまい、「ごめんなさい」と中国語で謝ったら、「あなた、日本人でしょ?何故中国語話せるの?」と聞かれ、彼女は台湾人だったので、台湾Loveな雑談をしたりして、並んでいる時間は全く苦ではありませんでした(笑)

日本だったら、知らない人と話すことなんて皆無だけど海外だとオープンマインドになるのか?レストランの隣のテーブルの人、乗り物で乗り合わせた人など気軽に話せてしまうのも旅の醍醐味でしょうか?

さて、入場料を払い、オーディオガイド(無料)を借りていざ見学。
前半はじっくりと見学、しかし思いの外見学する場所が多く、ガイドも長くて時間が足りなくなってきたので、後半は早送りして見学終了~

というのも、このあとバッキンガム宮殿のパレードを見に行く予定にしていた。ウエストミンスター寺院をじっくりゆっくり見学したい方は2時間ぐらい見ておいた方が良いですよ!!

 

バッキンガム宮殿

バッキンガム宮殿までは徒歩10分ほど。
すぐにグリーンパークが見えてきて、公園沿いを歩いていると兵舎的な場所で既になにやらやっている。

ふさふさの帽子をかぶった赤い制服の護衛兵2人と長官らしき人が、「制服は完璧か?」的なジェスチャーでやり取り中。
ニヤケ顔でやっていたので、前座的なものなのかしら???

そして、バッキンガム宮殿周辺は既に人混み!
どこで見るべき???
ベストは門の前の通りだけど、そこはスペースがなさそう(場所取りは1時間前から始まっているらしい)
私達は門から離れた場所で待機、こんな感じ↓

今か今かと結局30分ぐらい待ったかな?
その間警備の美人ポリスと写真を撮ったりしていたので、さほど飽きることもなくパレードスタート!

最前列だし、十分よく見えます!!
制服違いの護衛兵は反対側から行進するので、両方見たいのならやはりメイン通りで待機した方が良い!

パレードが終わるとちょうどランチの時間帯だったので、宮殿近くのカフェへ。
飛び込みで入ったわりにパスタもランチプレートも美味しかった。

ベイクドポテトのツナのせ(巨大!!美味しいけど飽きる~)

 

王室御用達Waitrose

バラマキ土産購入のためカフェから徒歩でWaitroseへ。
Waitroseは王室御用達スーパーマーケットで、チャールズ皇太子がプロデュースする
オーガニックブランドの紅茶やビスケットが販売されている。

ロンドン市内にはLittle Waitroseは沢山あるけど、大型スーパーはさすがに少ない。
事前に数店舗チェックしていたら、バッキンガム宮殿から徒歩圏内にあったのでこちらに来てみた。

お土産になりそうな紅茶やショートブレッドが沢山ある。
プチプラなのにどれも美味しい♪(お土産ネタは最後にまとめます!)
他にもオーガニック系のチョコバーや食品類もヘルシーなものが多い。
英国は冷凍食品が豊富なのだけど、ラザニアやチャーハンなども美味しそうだし、スムージー類も豊富。片っ端から試したい!笑

なんやかんや買いこみ、Waitroseを出たところのバス停からホテルに戻る。
どこへ行っても、5分も歩けばホテル周辺に戻るバスに乗れるって素敵過ぎる♪

 

Whole Foods

ホテルで一休みしたあとは、ピカデリー周辺に大好きなWhole Foods(アメリカ系スーパーマーケット)があるので、私と息子で夕飯の買い出しを兼ねて繰り出す(母はパッキング)
ピカデリー繁華街のど真ん中にあるのに、予想以上に充実したスーパーでした。
(Whole Foodsブランドのコスメはなかったけど、エコバッグは種類豊富♪)
お土産をちょろっと買い、デリコーナーを3周ほどする!爆
気になる物は試食させてもらい、夕飯を買いこむ。

生オレンジジュースマシン(オレンジ6-7個分ですって ←店員に聞いた)
当然ながら美味しい♪

なんやかんや(また)沢山買い、カゴに入り切らなかったので、息子に荷物を持たせレジで精算していたら、精算後に息子が持っていた物(2つ)の会計がまだということに気づき、「追加で払うわ」と言ったら、レジのお兄ちゃん(たぶんバイト)が「いいよ、いいよ、持って帰って」って。
「えっ?マジで!いいの?良くないでしょ???」って感じで・・・

ここに来て初めて「雑」な英国人と出会った(笑)
(レジでピッとするだけなんだから、ちゃんと精算しましょうよ!!)

英国ではどこでもクレカが使えます。
しかも自分でカードを通し、PIN#を押して精算終了!
囲いがないので、個人情報バレバレ???
カードを手渡さないので安心といえば安心(どっち?)
レストランでも支払いのときは、マシンを渡されるので、自分でカードを通してお支払するのです。

それとレジ袋。
ファストファッション店でも「袋要るか?」と聞かれます。
で、「要る」と答えると、袋代が「50p」(≒80円)取られる。
日本ならせいぜい10円ぐらいでしょ? 80円となると考える。

台湾や上海では大分前からエコバッグが普及しているけど、英国はさらに上をいっていますよ。お買い物時にエコバッグは必須ですよー

ホテルへ戻る。
まだ時間がある。

行くあてもなくWデッカーに乗ってみよう!という話になり、前日に乗ったヴィクトリアコーチステーションを経由するバスに乗る。もちろん特等席で!!
(2階の前方席は常に観光客が座っているけど、数駅で降りるので座れる)

ロンドンの近代的&歴史を感じる街並みを過ぎるとヴィクトリアコーチステーション、
そこを過ぎるとローカルな雰囲気になり、学校やアパートメントが立ち並ぶ街並み。
景観が統一されているのでホント綺麗♪
どころどころにカフェやベーカリーがある。
静かだけど治安が悪い感じは一切ない。
あーこういうエリアに滞在して、バスでロンドン中心部に出るなんていうのもいいわ~♪(夢は膨らむ)

30分以上乗ったでしょうか?
そろそろ戻ろうか?となり、途中下車。
ロンドン中心部なら、東京のようにほぼほぼ反対側に戻るバス停がある。
でも、ここまでくると目視で戻るバス停を見つけられない。
(そーいえば上海も戻るバス停はとんでもない所にあったなぁー攻略するまでが大変だった)
しかし、ここはロンドン、グーグル先生が使えるので検索すると、あらあら、角を曲がったところにバス停があるそう(そりゃ、目視じゃ見つけられない)
角を曲がるとバス停を見つけ、それに乗ってトラファルガー広場へ戻る。

夕飯はWhole Foodsで買いこんだデリをいただく。英国は外食がものすごく高いので、外食では食べたい物だけ食べる!デリやスーパーの冷凍食品(←結構イケる)を使えば、さほどお金を使わず過ごせると思います。

充実の一日でした!!

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事