コロナウィルス感染拡大に伴い、春休みの旅行をキャンセルされた方が沢山いらっしゃると思います。

我が家は、フロリダウォルトディズニーワールド&シカゴ10日間の旅を計画していました。
娘の卒業記念旅行に夫の永年勤務休暇を利用して、家族でやっと調整した長期休暇でした。

個人旅行で手配していたので、エア、ホテル、WDWのチケットのキャンセル手配が必要となりました。
一番厄介だったのは、払戻不可料金で購入していたアメリカン航空のアメリカ国内線航空券です。
ひょんなことから、一部払い戻しされることになりましたので、そのいきさつなどを詳しく記載していきます。

 

※アメリカン航空をはじめアメリカ系航空会社のアジア(日本)発着便がかなり減便されるようです。アメリカン、ユナイテッド、デルタ航空の各HPで最新情報がアップされていましたので、記事内に更新しております。

 

 

スポンサーリンク

手配済み事項

今回手配していたものは下記の通りです。

 

<エア>

①JAL特典航空券(PY席) 成田→シカゴ 3人分 172,500マイル+74,340円(税)

②AA有償航空券(往路C/復路Y) シカゴ→オーランド 3人分 160,290円

③JAL有償航空券(PY席) 成田→シカゴ→オーランド 1人分 239,780円

 

<ホテル>

マリオット系ホテル8泊 宿泊5日前までキャンセル可料金

 

<WDWパークチケット>

パークホッパー5日間 4人分 USD2090.76(227,036円

 

 

キャンセルを決断

3月中旬から渡航予定でしたが、2月終わりに状況が悪化、夫の職場では海外出張禁止令が発令されました。

出発2週間前にキャンセルを決断しました。

 

ホテル

マリオット公式サイトから、宿泊5日前までキャンセル可料金で予約したのでキャンセル料はかからずにキャンセルできました。

ディズニーワールドスワン(WDW公式ホテル)の6泊は、BGR申請が成功し、定価より格安で予約していたので残念でなりません。

そして、すっかり忘れていましたが、予約した際に1泊分のデポジットが取られており、キャンセル数日後クレジットカードに50,000円が返金されていました。
(臨時収入のようで嬉しかったです)

 

マリオットは4月末までの宿泊に関してはキャンセル料無料の対応を行っています。

 

 

 

パークチケット

WDWは60日前からファストパスを予約できるため、昨年末にパークチケットを購入していました。
4つのパーク+プールなど行き放題のチケット5日間4人分ともなるとチケット代だけで20万超え・・・

某業者でチケットを購入、早めに連絡を入れたのが良かったのか、少額の手数料(USD25)で返金してくださるという神対応に助けられました。

チケット代金:USD2065.76(225,967円)
購入したクレジットカードに返金されていました。

 

 

エア(JAL)

こちらも神対応で、3/19出発分まではキャンセル料不要で全額返金してくださいました。
(現在は4/5出発分まで対象。ANAも同様)

しかも、戻ってきたマイルは3年間の有効期限が延長されていました。

私が電話したときはまだそこまで混雑しておらずJGC専用電話はすぐに繋がりましたし、オペレーターの方はさぞかし多忙で、ときには嫌なことも言われているであろうに、とても丁寧な対応をしてくださいました。

マイルが口座に返却されるまでに1週間ほどかかりました。
特典航空券の税金分と有償航空券代金はまだカードに反映されていませんが、3ヶ月ほどかかるとのことだったので気長に待ちたいと思います。
4月10日支払のカード明細に反映されておりました。仕事が早い!!

ANAもですが、日系航空会社はこういうときに本当に頼りになります。
このままの状況が続くと経営危機に直面すると思うので、落ち着いたら積極的に利用したいと思います。

JAL

 

 

エア(アメリカン航空)

一番頭を悩ませたアメリカン航空のアメリカ国内線。
昨年6月にシカゴ→オーランドの往復航空券を3人分購入しました。

往路C(Yとの金額差2,000円)/復路Yで、1人53,430円(払戻不可)

払戻可の航空券でも、キャンセルする場合には3万円の手数料がかかるのと航空券自体がとても高かったので、払戻不可以外の選択肢はありませんでした。
そもそもキャンセルすることはほぼないだろうと思っていましたし。

3人分で160,290円、国内線なのに高い・・・

 

国際線であれば、海外渡航禁止や入国禁止になれば必然と減便や欠航が発生し、払い戻しになる可能性が出てきますが、国内線の場合はアメリカ国内が平常であったり、通常通り運行している場合はかなり難しいです。

キャンセルを決断したタイミングで、ダメ元でアメリカン航空にコロナウイルスの影響で払い戻しができるかどうかの確認をしました。
アメリカン航空は24時間電話対応を行っているので助かります

アメリカン航空:払戻できません!

やっぱり(涙)

 

このままの状況だとアメリカ入国禁止措置が取られるかも!という淡い期待を持ちつつ、16万円はキャンセル料として諦める覚悟でいました。

そうこうしている内に、アメリカン、ユナイテッド、デルタ航空共に

3/1以降のフライトは手数料無料で2020/12までの日程変更可 との発表。

 

しかし、我が家は年内の家族の予定を調整することは無理なので、そのまま放置。
すると、入国禁止措置の前になんとまさかのWDW閉園決定!

想定外です・・・閉園になるほどアメリカ国内での感染が急速に拡大したのです。

心の底からキャンセルを決断しておいて良かったと思いました。
強行していたら到着して翌々日には閉園になっていましたから・・・

 

スポンサーリンク

アメリカン航空 一部返金されました!

前置きが長くなりましたが、結局アメリカン航空の搭乗日までキャンセルをせずに放置し、このまま捨ててしまうのが惜しくなり、先の日程に変更することにしました。

アメリカン航空のサイトで空き状況を確認すると、驚くほど航空券が値下がりしていました。

CとYの往復53,430円で購入しましたが、同様の便が往復18,000円ほどまで下がっているのです!!

適当な日程を決めて、アメリカン航空に電話しました。
30分ほど待たされたでしょうか(英語対応の方が繋がりやすいです)

 

日程変更の旨を申し出ると「差額がマイナス30,000円発生します」とオペレーター。

私:マイナスってどういうことですか?返金されるのでしょうか?

オペ:はい、返金いたします

?!

 

日付変更するにあたり差額が出た場合は徴収するという注意事項を読んでいたので、差額が出ない航空券が安い日を選びましたが、まさかマイナス差額について返金されるとは思いもよらず・・・(規約に記載されていたのかしら?)
ちなみにどの日付を選んでも、購入した航空券代金より値下がりしています。

 

結果、1人あたり38,170円返金されることになりました♪

 

160,290円で購入した航空券は、114,510円の返金がされることになりました。

ちなみに今回日付変更したチケットは3人分で45,780円。
(1人あたり53,430円→15,260円まで値下がりしています)

 

変更したものの変更した日付に搭乗することは難しいので、ゆくゆくはこちらのフライトはキャンセルすることになるでしょう。
(入国禁止措置、もしくは欠航になればさらに返金の可能性は出てきますが)

 

搭乗日前日に変更したフライトが欠航となりました!

オンライン上では、代替のフライトを選択できるようになっていますが、キャンセルすることはできません。
ここはやはり電話をするしかないかと電話をしましたが、最初は話し中ですぐに切れてしまいます。その後延々と保留音で待つこと1時間、結局繋がりませんでした・・・

アメリカン航空は「キャンセルができなくても後日変更可能」とアナウンスしているので
落ち着いたら再度電話をしてみます。

欠航になったので、運がよければ残金の払い戻しがされるかもしれません。
淡い期待を捨てずに引き続き交渉したいと思います。

 

 

アメリカ系航空会社 返金の可能性を探る?!

日付変更をすることによって返金が発生するからくりは、同様の措置を取っているアメリカ系航空会社(ユナイテッドやデルタ)でも期待できます。
(保証はできませんが、ダメ元で問い合わせる価値はあるかと思います)

 

お手持ちの航空券代金と年内(変更する日付)の航空券代金と比べて安いか確認する。

・日付変更によってマイナス差額が発生した場合、返金してくれるのか確認する。

まずはこの2点をご確認ください。
もし「返金可能」ということが分かりましたら、最安値の日付に変更すればその分返金額が大きくなります。

 

オンラインでも予約変更ができますが、差額があっても「0円」と表示されるようです。
「0円」と表示されるということは、本来発生するマイナス差額についての返金がされないということですね。

電話はとても繋がりにくいですが、電話で交渉することをおすすめいたします。

一人でも多くの方が救済されることを願っています!

 

 

アメリカ系航空会社の対応(随時更新)

アメリカン航空

5/31の旅程まで変更手数料無料となっております。

問い合わせの電話が間に合っていないのでしょうか。
とりあえずHPからキャンセルして後から予約変更、返金をすると記載があります。
私のときもそうでしたが、「001で始まるE-TICKET番号」が必要となります。
予約をキャンセルしてもこの番号は生きているので、001から始まる番号で再予約なり、返金手続きを行いますので控えを残しておいてください。

上記抜粋しましたが、予定していたフライトの日付を過ぎても対応可能と記載されています。大分柔軟な対応に変わってきているようです。
電話が全く繋がりませんが、電話が繋がったときに交渉してみると良いと思います。

 

 

ユナイテッド航空

4/30の旅程まで変更手数料無料となっております。

 

国際線については、フライトのキャンセルや6時間を超える影響があれば、航空券の金額に相当するトラベルクレジットが発行されます。12ヶ月間有効で使用しない場合は返金が行われると記載があります。

国内線に関しての記載がないので、こちらは問い合わせ必須ですね。

 

情報共有がありました!
アメリカ国内線の予約をされていた方(返金不可チケット)がフライトを変更し、そのフライトが欠航になったために、問い合わせ&交渉すると、国際線同様にトラベルクレジットの対応をしてくださったそうです(→未使用の場合、返金される)

アメリカ国内線の予約でも交渉次第では返金対応をしてくれます。

 

 

デルタ航空

5/20の旅程まで変更手数料無料となっております。

デルタ航空は「米国内線と国際線」対象と記載あり。
そして「新しい航空券運賃の方が安い場合、差額分のクレジットを発行」されます。
クレジットが発行されるのはなかなか良心的な対応ではないでしょうか?
(UAのように未使用の場合→返金になると良いですが)

 

現在のところ、3社で共通しているのは旅程の変更手数料無料の点だけです。
各社統一してくれると問い合わせの必要がなくなり、助かるのですが・・・

 

ホテル業界も足並みを揃えた対応

3/17にマリオット、ヒルトンとExpediaからこのようなメールが届きました。
ホテル業界も統一した対応で動いています。

 

マリオット

 

ヒルトン

 

エクスペディア

 

 

終わりに

WDW旅行を計画されていた方で、私のようにアメリカ系航空会社でアメリカ国内線の払戻不可の航空券を購入している方が多数いらっしゃいました。

少しでも損失が少なく済むよう粘った結果、たまたま「返金される」裏技?!を見つけました。
諦めてキャンセルしていたら戻ってこなかった金額です。
こんなときですから航空会社の負担になるようなことはしたくありませんが・・・少しでも損失を減らしたいのが本音です。

同じような状況の方のお役に立てたらと思い、この記事を書きました。

 

今回の旅行は10ヶ月前から予約、準備を重ねてきたので本当に残念ですが、悔しい思いをしたのは我が家だけではありません。沢山の方が様々なものを犠牲、断念してきたと思います。

我が家は個人旅行なので、各方面自分でキャンセルする必要がありました。
今回は日系航空会社や某業者さんの神対応に助けられました。

またマリオットなどのホテルサイト、アメリカン航空など外資系航空会社もそれなりの対応をしてくださったので、平穏になったら恩返しの気持ちを込めて是非ともまた利用したい思います。

 

旅行会社のツアーですと、既定のキャンセル料金がかかります。
1週間前までなら20%のキャンセル料なので、個人旅行より案外リーズナブルな金額で損失は少なく済むかもしれません。

一方、Expediaなどを通して航空券を購入された方はスムーズな手続きができなくて大変そうにお見受けしました(Expediaを悪く言っているわけではありません)
個人旅行にはそういったリスクが付きものですね。

 

今回のことで今後の旅行計画の立て方、多少高くてもキャンセル可で手配すべきなど学ぶべき点が多々ありました。

我が家の場合は、最終的に5万円以内の損失で抑えることができたのはとてもラッキーでした。

早く終息して平穏な日々が訪れますように!!

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事