上海ディズニーランドが続きます。

「Soarin' Over the Horizon」
楽しみにしていたソアリン。
我が家は激しいアトラクションは苦手なので、ソアリンがお目当ての一つでした。

朝一でFPを取りました。
(この日は午前中にFP終了、混雑しているとオープンと当時に終了するらしい)
この日のスタンバイは90分でした。
(こちらも混んでいるときは180分待ちほどになるそう)
上海ディズニーランドで一番人気のアトラクションです。

 

ソアリンで起きたFPトラブル
(故意でFPを持っていないのに並んでいた人→強制退場させられる)

私達はFPを取ったので指定時間にエントランスへ行くと、なんと!FPエントランスが大混雑。
例のFPダフ屋のせいか?!チケットとFPのチェックに時間がかかっている模様。
ちゃんとした列ができていないので、横からどんどん人がなだれ込みFPの列はカオス状態!!!(まさかに我先に~という感じ)
私は子ども達とはぐれまいと必死。

 

 

なんとかFPの入口を突破。中に入ればスムーズに進むだろうと楽観。
Qラインは遺跡&星空がとてもキレイ。
と思ったのは最初だけでQラインが長すぎる。同じ景色を見ながらひたすら待つ。
遺跡の壁が高く圧迫感あり、そして寒いぐらいエアコン効いていたので、
手持ちのストール等をグルグル巻きで寒さをしのぐ。
ここも2列ほどの幅しかなく、抜かされることはないが全然進まない。
なんで???
後から知りましたが、恐ろしく回転率の悪いアトラクションだそうです・・・

FPの意味がない!!!怒
と何度も途中で離脱したくなりました(笑)

上海ディズニーランドはFPのシステムが統一されていないのか?
バズやプーさんは入口でチェックされるときにFPを回収された。

ソアリンの場合、最初の入口ではFPを軽くチェックするのみ。
列になった辺りで再度チェック、そして長いQラインを並んだ後アトラクション近くなると再度チェック&FPの回収となる。
FPのチェックはかなり厳しいイメージ。

 

まさかの?!FPを持っていないのに並んでいた人がいた!!

私の前にいた4人グループの中国人の若者は、最初は従業員らしき人と親しげに話しをしていた。どうもFPを持っていないようだった。
しかし、最初のFPチェックポイントでは問題なくスルー。
聞こえてくる会話からすると、その従業員のコネ?!で並んでいたっぽい。
(上海あるあるだけど、全然進まないFPラインにイライラしていた私はこのグループの行く末を見届けたくなった!)

彼らは最初の入り口のチェックをスルーしたので、雑談したりとすっかりリラックスして並んでいた。
しばらくすると、従業員らしき人はソアリンの奥の方に消えていき、彼ら4人だけで並ぶ。

すると、2度目のチェックポイントがやってきた。
FPを回収するところが見えてくると彼らはザワザワしはじめた。
(どうする?どうする?みたいな)

彼らはどうしようもないので、そこのスタッフに「FPないのよ~」と言う。
「従業員と知り合い」とかなんとか言い訳を言っていたと思うけど私の中国語レベルでは聞き取れず。しばらく交渉をしていた。
しかし、こんなことは日常茶飯事なのか?ソアリンのスタッフは強い態度で
「FPがなくてはダメだ!」と拒否(←当たり前)

その後もしばらく揉めていたけど、強制的に非常口に連れ出された(←当たり前)
当然のことだけど、なんでこんなことが起こるのかしら???
ただでさえ、混雑しているのにこういう人がいるからさらに時間がかかる?

 

ソアリンは素晴らしい♪

結局私達はアトラクションまで30分以上は並びました。
日本なら30分ぐらい普通のことでしょうが、上海は比較的どのアトラクションも空いているので、ソアリンはFPを持っていてもかなり並ぶアトラクションです。

シアターに入る手前で3列に並ばされ、注意事項のビデオを見せられます(中国語のみ)
一応私が分かる範囲で子ども達に通訳。
1列目の先頭にいた私達が外国人であることに気づいたスタッフは、
「ビデオが終わったら、1列ずつこちらの部屋に移動してね」と英語で説明。
中国語でも言っていたらしいけど、全然理解できず・・・

ビデオが終わったので、隣の部屋に移動すると、後ろの列もついてきた。
⇒言語の壁を感じた瞬間・・・笑
(他にも外国人がいたということ)

いよいよ、アトラクションへ。
ダダ広いシアターに可動式の椅子がどわーーっと並んでいる。
(こんなに沢山の椅子があるのに、なんでこんなに待たされるのだろう?と長時間待たされた私は納得いかず)
椅子に座り、腰ベルトを閉めるだけ。

 

ベルトチェックは適当(しない)

隣に座った中国人がベルトの締め方を間違え、スタッフを呼ぼうにも来てくれず、大丈夫か?と心配したけど、そのままアトラクションスタート。
(ベルトチェックとかしませんの?)

椅子が上に上がり、多少傾斜がつくものの危険な乗り物ではなく(笑)恐怖も感じず安心しました(爆)
いや~これは楽しかった!!
FP入り口のでカオス状態や長時間並ばされたことを忘れるほど楽しかったです♪

 

スポンサーリンク

上海ディズニーランド総評

何回かに分けて記載した上海ディズニーランド記事を読んでくださりありがとうございました。
敢えて上海に住んでいた目線で、中国人の動向などを中心に書いてみました。

まだまだ問題点はありますが、中国人に慣れている我が家はさほどストレスを感じず楽しめました。中国人に慣れていないとストレスを感じるのかもしれません(笑)
それでも、日本のTDRと比べたらかなり空いているので、上海ディズニーランドは魅力的だと思います♪

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事