ついにANAとJALの国際線特別対応が延長されました。
コロナウイルス感染拡大による特別対応は、8月31日搭乗分までの国際線のキャンセル手数料が無料になるというものです。

私は8月のハワイ往路のJAL特典航空券と帰省に絡めたソウル往復のANA特典航空券を予約していました。
渡航はほぼ諦めていたので、キャンセル手数料無料対応が延長されるのを待っていました。しかし、いざキャンセル可能となると手放したくないものです・・・

これで夏休みの海外旅行は全てキャンセルしました(涙)

 

 

スポンサーリンク

【JAL】国際線航空券の特別対応について

対象航空券

  • JALで発券された131で始まる航空券
  • 日本発着全便
  • 発券日: 6月11日発券分まで
  • 搭乗日: 2月28日~2020年8月31日搭乗分

 

有償航空券はオンライン上でキャンセル手続きができます。

特典航空券の場合はデスクへ電話をして手続きをしなくてはいけません。

JGCデスクへ電話をするとすぐに繋がり、マイルは即時口座に返却されました。
税金分は支払いしたクレジットカードの明細に既に上がってきております。

 

実はANAの特別対応の発表が6月4日にあり、6月8日に両社の手続きをするべく各航空会社に電話をしたのですが、この時点でJALは手続き開始前だったのです・・・

いつもほぼ同時にアナウンスされるので、すっかりJALも対応期間と思いこみ、電話してしまう迷惑な客でした・・・
しかし、快くご対応いただき、感謝感謝です。

 

ちなみにハワイ復路はアメリカン航空のマイル利用のハワイアン航空の特典航空券を予約していました。こちらは既にキャンセル料無料対応となっているのでキャンセル済です。

 

 

 

【ANA】国際線航空券の特別対応について

対象航空券

  • ANAで発券された205で始まる航空券
  • 日本発着全便
  • 発券日: 6月1日発券分まで
  • 搭乗日: 2月26日~2020年8月31日搭乗分

 

有償航空券はオンライン上でキャンセル手続きができます。

 

ANAのお得な提携航空会社特典航空券で、帰省先+ソウル旅を予約していました。
帰省の国内線をつけていたので、キャンセルするべきが悩みましたが、8月のソウルは渡航が難しい上に帰省の日程やルートが変更となりそうだったので、キャンセルを決断。

提携航空会社特典航空券(スタアラ特典)は変更や取消をする場合は、全て電話での対応です。

SFCデスクにはすぐに電話が繋がり、こちらもマイルは即時口座に返却されました。
税金分は支払いしたクレジットカードの明細に既に上がってきております。

 

 

 

スポンサーリンク

終わりに

ANAもJALも、迅速かつ丁寧な対応をしていただき、感謝するばかりです。

税金分の払い戻しには3ヶ月ほどかかるとのことでしたが、翌週にはクレジットカードの明細に上がってきましたので安心できました。

 

そして、ソウル旅のホテルは、マリオットベストレート保証申請が成功した格安料金で予約していたので、こちらもキャンセルしました。本当に残念でなりません。

 

 

金銭的ダメージはゼロですが、精神的ダメージが大きいですね・・・

その分来年は沢山飛びたいと思うものの、予定通り飛べるのかどうか?
各国のフライトスケジュールが定まっていないので、予約するにもできない状況です。

 

ハワイは7月末から観光業が再開すると聞きましたが、8月のハワイアン航空の臨時便は既に欠航が決まっています。現実は日本から観光目的で渡航するのは難しい状況でしょう。

ANAとJAL国内線の特別対応については、これ以上の延長はなさそうですが、国際線の特別対応はあと数回延長されるのではないかと思っています。

普通に飛べるのはやはり来年以降???

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事